メインメニューを開く

早稲田大学雄弁会(わせだだいがくゆうべんかい)は、1902年設立の早稲田大学弁論クラブである。OBの多くが政治家や記者となるため、政治家の登竜門的な位置付けとして取られることが多い。内閣総理大臣を務めた海部俊樹小渕恵三ら数多くの政治家が輩出。なお、公式には政治家志望の学生の親睦団体ではないため、早稲田大学卒業の政治家の中で同会非出身者も多くいる。

目次

沿革編集

  • 1884年(明治17年) - 足尾銅山鉱毒事件による学生運動から、前身の同政会が発足。
  • 1902年(明治35年) - 早稲田大学雄弁会発足。大学創設者の大隈重信が雄弁会総裁に就任。顧問に高田早苗博士、会長に安部磯雄教授を戴く。
  • 1946年(昭和21年) - 当時活動していた「弁論部」と「学生雄弁会」の二つが統合され、早稲田大学雄弁会再発足。

実績編集

主な出身者編集

内閣総理大臣経験者編集

戦前・戦後に活動した政治家、元国会議員編集

現役衆議院議員編集

カッコ内の数字は衆議院当選回数。

現役参議院議員編集

カッコ内の数字は参議院当選回数。

地方議会議員・首長編集

その他編集

関連書籍編集

脚注編集

  1. ^ 竹下の在学中、雄弁会は活動停止になっていたため、正式には雄弁会に籍を置いたことがないが、「雄弁会があれば当然に入会していたであろう」という理由で雄弁会OBとなっている。

外部リンク編集