中津 燎子(なかつ りょうこ、1925年10月19日 - 2011年6月15日)は、日本の評論家英語教育者

福岡県福岡市博多生まれ[1]。1928年からソビエト連邦ウラジオストクで過ごし、1937年に帰国[1]

国連軍(占領軍)の特別電話台で交換手として働き[2]、1956年から米国留学[1]。1974年第5回『なんで英語やるの?』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞[2][3]。英語発音訓練研究の『未来塾』を開設し、顧問をつとめた[1]

著書編集

  • 『なんで英語やるの?』(午夢館、1974年) - のちに文春文庫より出版。
  • 『呼吸と音とくちびると』(午夢館、1975年)
  • 『異文化のはざまで 英語と日本人の周辺』(毎日新聞社、1976年)
  • 『再びなんで英語やるの?』(文藝春秋、1978年7月) - のちに文庫化。
  • 『こども・外国・外国語 ある日とつぜん英語になってしまった子』(文藝春秋、1979年11月)
  • 『異文化のはざまで 英語と日本人の周辺』(三修社、1983年12月)
  • 『母国考』(情報センター出版局、1984年9月)
  • 『未来塾って、何? 異文化チャレンジと発音』(朝日新聞社、1986年1月)
  • 『Butとけれども考』(講談社、1988年5月)
  • 『風のシカゴ シェリダン・ロード物語』(情報センター出版局、1989年11月)
  • 『英語と運命 つきあい続けて日が暮れて』(三五館、2005年12月)
  • 『声を限りに蝉が哭く』(三五館、2010年8月)

共著編集

  • 『子どもに外国語はいらない 地球時代の井戸端会議』(文藝春秋、1981年5月) - 鳥飼玖美子との共著

脚注編集