メインメニューを開く

中澤 日菜子(なかざわ ひなこ、1969年3月11日[1] - )は、日本劇作家小説家

中澤 日菜子
(なかざわ ひなこ)
誕生 (1969-03-11) 1969年3月11日(50歳)
日本の旗 東京都
職業 劇作家
小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 慶應義塾大学文学部卒業
活動期間 1988年 - (劇作家)
2014年 - (小説家)
ジャンル 戯曲小説
主な受賞歴 小説現代長編新人賞(2013年)
デビュー作お父さんと伊藤さん
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

東京都出身[2]慶應義塾大学文学部卒業[3][4]日本劇作家協会会員[1]

経歴編集

劇作家として編集

高校生のときに演劇を始める[5]1988年、不等辺さんかく劇団を旗揚げする[6]。同劇団の作・演出を務める[6]。大学卒業後は、出版社勤務の傍ら劇作を継続する[6]。出産をきっかけとして、2001年に退社、劇作家専業となる[6]2007年、戯曲「ミチユキ→キサラギ」で第3回仙台劇のまち戯曲賞大賞を受賞する[7]。2009年、「石灯る夜」が日本劇作家協会新人戯曲賞最終選考に選出。2012年、戯曲「春昼遊戯」で第4回泉鏡花記念金沢戯曲大賞優秀賞を受賞する[7]

小説家として編集

2012年ころより小説の執筆を始める[6]2013年、「柿の木、枇杷も木」で第8回小説現代長編新人賞を受賞する[8]2014年、同作を『お父さんと伊藤さん』に改題し刊行、小説家デビューを果たす[9]

人物編集

好きな作家として、ドン・ウィンズロウ梨木香歩を挙げている[10]。 好きな落語家として、立川談春を挙げている[10]。「演劇出身のためか、読者をなるべく飽きさせたくない。自然に気持ちよく笑わせる作品を書くことはとても難しいが、そういう笑いを提供できる作家になりたい」との旨を語っている[2]

作品リスト編集

戯曲編集

  • 菜の花狩りに日は続き(2005年、『短編戯曲コンクール最終候補作品集』〈2005年3月、日本劇作家協会〉所収)
  • ミチユキ→キサラギ(2007年11月、仙台市市民文化事業団
  • 石灯る夜(2009年、『優秀新人戯曲集 2010』〈2009年12月、ブロンズ新社〉所収)
  • 春昼遊戯(2012年)

長編小説編集

短編小説集編集

  • 星球(2015年7月 講談社)

短編小説編集

「」内が収録されている中澤日菜子の作品

  • 星球(『短篇ベストコレクション 現代の小説 2015』〈2015年6月、徳間文庫〉所収)
  • ユウマ(『きみは嘘つき』〈2017年8月、ハルキ文庫〉所収)

連載編集

映像化作品編集

映画
ドラマ

脚注編集

外部リンク編集