中野二郎 (大陸浪人)

中野 二郎(なかの じろう、元治元年(1864年) - 昭和3年(1928年2月9日)は、大陸浪人東邦協会創立会員、東亜同文会会員。天門と号した。

略歴編集

著作等編集

  • 露国大蔵省編、中野二郎・県文夫訳『満洲通志』東京・東亜同文館、1906年(明治39年)4月

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 東京朝日新聞1898年(明治31年)5月14日7面「北海道官林と露語学校」、同1900年(明治33年)3月21日1面「露清語学校の閉校」。
  2. ^ 『東亜先覚志士記伝 下巻』「本庄堅宏」の項。本庄は中野から招聘され同校の校務を担当した。
  3. ^ 東京朝日新聞1927年(昭和2年)2月11日の会葬広告には、嗣子「恭平」、親戚総代「中野初太郎/橋本強造」、友人総代「男爵 林権助小川平吉小泉策太郎白井新太郎杉山茂丸」の名が列記されている。

参考文献編集

  • 黒龍会編『東亜先覚志士記伝 下巻』黒龍会出版部、1936年、353~355頁「中野二郎(露清語学校創立、満、支、露)」。

関連項目編集