メインメニューを開く
丸山作楽

丸山 作楽(まるやま さくら、1840年10月27日天保11年10月3日) - 1899年明治32年)8月19日[1])は、明治時代外交官実業家政治家。別名:正虎、正路、佐久良。号:神習処・素行・磐之屋。

目次

経歴編集

江戸・芝三田において、島原藩士・丸山正直の長男として生まれる。幕末期には平田派国学を学んで勤王派となり国事に奔走した。

1869年(明治2年)8月、外務大丞となり樺太に出張して対露交渉にあたった。翌1870年(明治3年)3月に帰国し、政府にロシア南下への積極対抗策を進言するが容れられなかった。また佐田白茅が唱えた征韓論に同調し、その実行を促したが、これも用いられなかった。同年11月、樺太問題の失敗により外務権大丞に転任となる。

丸山は篠山藩士・畑経世らとともに、外務省によって却下された征韓論を、反乱によって実行に移そうと試みる。しかし1871年(明治4年)に事は発覚してまず畑が逮捕され、5月10日に丸山も外務省出勤中に拘引された。5月29日、外務権大丞を免じられた。なおこの事件は「同権大丞(丸山)は固陋奇弁を有する人物を以て目せられ、今回の陰謀も朝鮮出兵を理由に、諸般及び浪士不平の徒を糾合した感があり、政治上重大化するに至らなかった」という[2]。終身禁錮の刑に処されたが、1880年(明治13年)1月、恩赦により出獄した。

出獄後、自由民権運動に対抗して忠愛社を結成し、新聞『明治日報』を発行する。1882年(明治15年)には東京日日新聞福地源一郎とともに立憲帝政党を結成し、保守的政治家として活動した。

1890年(明治23年)6月12日、元老院議官に就任し、同年10月20日、元老院が廃止され非職となる[3]。同年9月29日、貴族院勅選議員に任じられ[3]、死去するまで在任した[1]。1899年(明治32年)、心臓弁膜炎のため死去[4]

万葉調の歌人としても知られている。

栄典・授章・授賞編集

位階
勲章等

脚注編集

  1. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』166頁。
  2. ^ 田保橋潔 『近代日鮮関係の研究 上』(1940年朝鮮総督府中枢院、P310)
  3. ^ a b 『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 上巻』469-470頁。
  4. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)26頁
  5. ^ 『官報』第2094号「叙任及辞令」1890年6月24日。
  6. ^ 『官報』第1935号「叙任及辞令」1889年12月9日。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 我部政男・広瀬順晧編『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 上巻』柏書房、1995年。

関連項目編集

外部リンク編集