メインメニューを開く

丹生潔

丹生 潔(にう きよし、1925年8月2日 - 2017年1月30日)は、日本の物理学者名古屋大学名誉教授。専門は素粒子物理学。世界で最初の、第4のクォークである「チャームクォーク」の発見者。東京出身[1]従四位[2]

1971年から名古屋大理学部教授を務め、原子核乾板の実験装置で得られた宇宙線素粒子反応の中から、特異な様式で崩壊する新粒子を発見[3]。同年の物理学会で、それを「X粒子」と名付けて報告した。この粒子は、広島大学小川修三(後に名古屋大学)らによって、4つめのクォーク(当時の表現では「第4の粒子」)であると主張された[4][5][6]が、当時においては広く認められるまでには至らなかった。

しかしこのことが、小林誠益川敏英に4つめのクォークの存在を確信させ、両者が小林・益川理論(クォーク6個の理論)を生み出す契機となった。小林誠は、ノーベル物理学賞の受賞記念演説において、丹生の業績を紹介している[7]

なお、第4のクォークである「チャームクォーク」は、丹生の発見後にアメリカの科学者ら(サミュエル・ティン[8]バートン・リヒター[9])により加速器の実験で再発見、実証され(1974年)、彼らはその功績によって、1976年にノーベル物理学賞を受賞した。

2017年1月30日骨髄異形成症候群のため死去[10][11]、91歳。

経歴等編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ 『官報』6974号、平成29年3月9日
  3. ^ Kiyoshi Niu, Eiko Mikumo and Yasuko Maeda (1971年). “A Possible decay in flight of a new type particle”. Progress of Theoretical Physics 46: 1644. doi:10.1143/PTP.46.1644. 
  4. ^ T. Hayashi, E. Kawai, M. Matsuda, S. Ogawa and S. Shige-eda (1972年). “A possible interpretation of the new event in the cosmic ray experiment”. Progress of Theoretical Physics 47: 280. doi:10.1143/PTP.47.280. 
  5. ^ T. Hayashi, E. Kawai, M. Matsuda, S. Ogawa and S. Shige-eda (1972年). “A possible interpretation of the new event in the cosmic ray experiment. 2.”. Progress of Theoretical Physics 47: 1998. doi:10.1143/PTP.47.1998. 
  6. ^ T. Hayashi, S. Ogawa, M. Nakagawa and H. Nitto (1973年). “On the selection rule of weak processes and decays of new particles”. Progress of Theoretical Physics 49: 350. doi:10.1143/PTP.49.350. 
  7. ^ “Makoto Kobayashi - Nobel Lecture: CP Violation and Flavour Mixing”. (2008 (Updated)). http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/physics/laureates/2008/kobayashi-lecture.html 2013年2月19日閲覧。 
  8. ^ E598 Collaboration (1974年). “Experimental Observation of a Heavy Particle J”. Physical Review Letters 33: 1404. doi:10.1103/PhysRevLett.33.1404. 
  9. ^ SLAC-SP-017 Collaboration (1974年). “Discovery of a Narrow Resonance in e+ e- Annihilation”. Physical Review Letters 33: 1406. doi:10.1103/PhysRevLett.33.1406. 
  10. ^ 丹生潔氏が死去 名古屋大名誉教授 日本経済新聞 2017年1月31日付
  11. ^ 名古屋大名誉教授の丹生潔さん死去 朝日新聞 2017年1月31日付
  12. ^ a b c d e 私の院生・学生時代 名大理学同窓会報