小川修三

小川 修三(おがわ しゅうぞう 1924年5月8日 - 2005年1月9日)は、日本昭和時代に活動した素粒子物理学者

山口県出身。1947年名古屋帝国大学(現 名古屋大学)の理学部で物理学科を卒業後、同年12月に同大学の幅助手となり、2年後には助手となる。

1955年4月に広島大学の講師となり、同年名古屋大学 理学博士。 「相互作用の普遍性に関する研究」。

1958年助教授、1965年に教授となる。1976年7月名古屋大学教授となる。1985年から1988年まで理学部長を勤め、1988年には名誉教授となった。

主業績

小川と山口嘉夫は独立に、坂田昌一の提唱したハドロンの複合模型(坂田模型)の基本粒子は互に同等で、粒子間の入れ替えに対し理論は不変となることを発見している。この研究で坂田モデルは新たな段階に入った。大貫義郎は、山口らの見出した対称性から3次元のユニタリー群によって記述できることを見い出す。大貫が創り出したこの新しい粒子の枠組SU(3) は、一般的観点からの新しい粒子の枠組みとなり新しい出発点となった。

その他の業績

小川は丹生潔が1971年に宇宙線の中で発見・報告した「X粒子」が第4のクォークであると提唱したが、当時は広く認められるまでには至らなかった。 しかし、このことが後にノーベル物理学賞受賞となった「小林・益川理論」が生まれる契機となった。

高エネルギー物理学研究所(現 高エネルギー加速器研究機構)の運営協議委員であった。

2005年1月9日心筋梗塞のため名古屋市の自宅で死去した。

外部リンク編集