メインメニューを開く

久下氏(くげうじ)は、丹波国の国人領主。清和源氏の祖源満仲の弟と称した武末がおり、その孫の基直(武行の子)が武蔵国大里郡久下郷(現在の埼玉県熊谷市久下周辺)を本貫地として、久下氏と称したという。または、武蔵七党に属する私市党の系統ともされ、熊谷氏とは血縁関係にある。

久下氏
No image available.svg
本姓 清和源氏経基流
私市党?
磯部皇子舒明天皇の皇子)流?
家祖 久下基直?
種別 武家
出身地 武蔵国大里郡久下郷
主な根拠地 武蔵国北西部 → 丹波国南西部
著名な人物 久下直光
凡例 / Category:日本の氏族

目次

概要編集

次郎重光の代に源平の争乱で戦功をあげ、承久の乱の後に丹波国栗作郷兵庫県丹波市山南町)へ移った[1]

南北朝時代、足利方として数々の戦功をあげた。また観応の擾乱の際、一時丹波にしりぞいた足利尊氏義詮親子をよく守護し、その功として丹波を中心に武蔵国・飛騨国などに十数か所におよぶ所領を与えられ、丹波国の有力な国人領主となり、室町幕府奉行衆もつとめた。

しかしながら、明応の政変で将軍足利義材についたことをきっかけに没落し、所領のほとんどを失い、後に義稙が将軍職へ復帰した後も旧領の回復は果たせなかった。最後は明智光秀の丹波侵攻によって領主の地位を追われた。

菩提寺として、埼玉県熊谷市に東竹院、兵庫県丹波市山南町に長慶院がある。

現在でも、兵庫県丹波市と篠山市に久下氏の一族が居住している。

居城編集

兵庫県丹波市山南町玉巻の八幡山にあった。久下城、玉巻城と称される。現在でも遺構が残っている[2][出典無効]

逸話・伝説編集

家紋の由来
久下氏の家紋は「一番」という文字であるが、その由来が『太平記』に記されている。
足利尊氏が丹波篠村八幡宮で挙兵したとき、久下時重が250騎を率いて真っ先にはせ参じた。その旗印に「一番」とあるのを不審におもった尊氏がその由来を尋ねた。高師直が、「源頼朝が土肥の杉山で挙兵したさい、久下重光が一番にはせ参じた。頼朝は、もし天下を取ったならば一番に恩賞を与えよう、と「一番」という文字を書いて与え、やがてそれを家の紋としたのである」とこたえた。尊氏は、それは吉例であると喜んだという。
熊谷直実との所領争い
建久3年(1192年11月25日熊谷直実久下直光が所領の相論のため、頼朝の前で議論をおこなった。直実はうまく答弁できず、頼朝はすこぶる不審に思ったのだが、判決がでない内に直実は書類等を頼朝になげつけ、憤怒のあまり髻をきり遁世に及び、居宅にも戻らず西に向けて逐電したという(『吾妻鏡』)。
1300年(正安2年)、当時の熊谷氏当主・熊谷直満と久下氏の当主・久下光直が和解に至り、108年に及ぶ争いに終止符を打った。

出典編集

  1. ^ 異説として丹波久下氏は舒明天皇の皇子磯部皇子の後裔とする。
  2. ^ 久下城

関連項目編集