久保寺雄二

久保寺 雄二(くぼでら ゆうじ、1958年7月18日 - 1985年1月4日)は、静岡県三島市出身のプロ野球選手内野手外野手)。

久保寺 雄二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県三島市
生年月日 (1958-07-18) 1958年7月18日
没年月日 (1985-01-04) 1985年1月4日(26歳没)
身長
体重
176 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手三塁手遊撃手
プロ入り 1976年 ドラフト2位
初出場 1977年6月3日
最終出場 1984年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

静岡商業高校時代は、1年生時に1974年夏、2年生時に1975年春の甲子園に出場し、共にベスト8へ進出。同期に大石大二郎(のち近鉄)がいた。1974年夏の甲子園出場時にはエースとして2学年上に高橋三千丈(のち中日)がいた。

1976年ドラフト2位で南海ホークスに入団。1980年に初めて規定打席に到達し、リーグ最多の29二塁打を記録。1984年からはそれまで藤原満がつけていた背番号7を受け継ぎ、細身な身体で三塁手としてしばしば美技を見せた。

しかし、プロ9年目のシーズンを迎えようとした矢先の1985年正月の1月2日、帰省先の実家で風邪の悪化により38度を超える高熱を発した為、母校・静岡商高のOB会を欠席。翌1月3日午後には一旦平熱に下がり、パチンコ店へ外出するなど体調回復をみせていた。ところが、同年1月4日未明の就寝中に突然もがき苦しみ、全身が痙攣する状態となり、救急車で近隣の病院に搬送されたが、急性心不全により26歳で急死した。奇しくもその1月4日は雄二の実兄の誕生日で、家族揃って盛大な誕生パーティーを雄二らと共に計画していたという。

戒名は「觀譽盛鷹雄俊信士」(かんよせいおうゆうしゅんしんし)。葬儀では大石が友人を代表し、号泣しながら弔辞を述べた。久保寺の入団当時の二軍監督でもあった南海の監督穴吹義雄は、特に彼の死を残念がっていた[1]。また、南海の同僚である香川伸行は、彼を「人がダメな時に、意外なことをする選手。」と評していた。

ホークスファンである漫画家の水島新司は、久保寺の死を悼み、連載中であった漫画「あぶさん」に主人公・景浦安武とのエピソードを執筆した(単行本第32巻第五章「悲しみを乗り越えて」)。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1977 南海 11 2 2 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 1.000 1.500
1978 104 329 299 22 61 8 3 6 93 20 7 6 10 2 18 0 0 37 1 .204 .248 .311 .559
1979 81 223 208 25 50 6 1 1 61 15 4 5 3 2 10 0 0 26 1 .240 .273 .293 .566
1980 118 406 373 48 109 29 5 4 160 32 11 3 9 3 20 0 1 53 4 .292 .327 .429 .756
1981 109 341 316 34 78 10 2 9 119 47 5 1 2 2 20 1 1 45 15 .247 .292 .377 .669
1982 112 406 364 31 96 18 2 4 130 31 5 3 8 5 28 6 1 63 13 .264 .314 .357 .671
1983 123 459 422 58 111 14 2 11 162 45 13 10 9 3 23 0 2 49 11 .263 .302 .384 .686
1984 112 376 353 46 96 16 3 9 145 49 7 4 6 2 14 2 1 39 11 .272 .300 .411 .711
通算:8年 770 2542 2337 265 602 102 18 44 872 239 52 32 47 19 133 9 6 312 56 .258 .297 .373 .670
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

  • 初出場・初先発出場:1977年6月3日、対阪急ブレーブス前期9回戦(阪急西宮球場)、6番・左翼手として先発出場(偵察要員、1回裏に片平晋作と交代)
  • 初打席・初安打:1977年6月5日、対阪急ブレーブス前期11回戦(阪急西宮球場)、9回表に野村克也の代打で出場、山口高志から二塁打
  • 初本塁打・初打点:1978年4月3日、対阪急ブレーブス前期3回戦(阪急西宮球場)、3回表に白石静生からソロ

背番号編集

  • 33 (1977年 - 1983年)
  • 7 (1984年)

脚注編集

関連項目編集