メインメニューを開く

久昌院(きゅうしょういん、慶長9年(1604年) - 寛文元年11月14日1662年1月4日))は、常陸水戸藩初代藩主・徳川頼房側室水戸藩2代藩主・徳川光圀及び高松藩藩主・松平頼重の生母。父は谷重則。名は久。

生涯編集

慶長9年(1604年)、佐野城佐野信吉の家臣であった谷重則の長女として生まれる。『義公遺事』によると、母が水戸藩の奥向きの老女となり、母につき従って奥に出入りするうちに頼房の寵を得て、光圀の同母兄である頼重を懐妊したという。後に徳川頼房の側室となり、高瀬局と呼ばれた。元和8年(1622年)に頼房との間に長男・頼重(後の常陸下館藩主、讃岐高松藩初代藩主)を出産。寛永5年(1628年)に三男・光圀(後の水戸藩第2代藩主)を出産。どちらの出産の際も頼房に堕胎を命じられるが、水戸藩家臣であり頼房の乳母夫婦であった三木之次夫妻により匿われ、江戸麹町の三木邸で頼重を、水戸城下の三木邸で光圀を出産した。

寛文元年(1661年)10月より病になり、11月14日、水戸藩小石川藩邸にて死去。享年58。法号は久昌院靖定大姉。諡号は靖定夫人。墓所は初め水戸城下の経王寺であったが、のち水戸徳川家墓所瑞龍山に移された。歴代藩主夫妻が並んで葬られているのと同様、頼房の墓の隣に葬られているが、正室ではなかったため、頼房の基壇より一段低い位置に築かれている。茨城県常陸太田市にある久昌寺は、1677年に徳川光圀が母・久昌院の菩提を弔うために建立した。また、頼重も菩提を弔うために、香川県高松市に広昌寺を建立している。久昌院が生前日蓮宗の信者となっていたため、久昌寺・広昌寺ともに日蓮宗である。

久昌院の墓を瑞龍山に移す際光圀が書いた「靖定夫人を追福せる諷誦文」には、「婦徳あり。族に睦び、侍婢を遇するに恵和。家に宜しく、室に宜し」とあり、おそらく性行は温順で、特に目立ったところのない静かな女性であったと思われる。

家系編集

生家の谷家は、本姓は藤原氏。家紋は藤丸。先祖は近江国に住し、祖父は谷太郎左衛門重春といい、六角義賢に属していた。 父の重則は9歳の時、富田長家の5男小吉郎、後の佐野信吉の家臣となり、信吉が佐野氏の養子となって佐野城に入ったのに従って関東に下った。慶長19年(1614年)、佐野信吉は改易となったため、重則は鳥居忠政に仕えた。奥州岩城に住み、寛永7年(1630年)に没した。

重則は伊藤七郎兵衛の娘を妻とし、四男二女があった。その長女が久である。長男の重祐は初め保科正之に仕え、正保元年(1644年)頼房に、同3年(1646年)頼重に仕えた。頼重に従い高松藩に仕え、禄高は1千石(子孫は2千5百石)。二男の重代は初め戸沢政盛に仕え、寛永年中に頼房に仕えた。後に水戸藩家老となり、禄高は1千石。三男の公明は、長兄の重祐と同じく正保元年(1644年)頼房に、同3年(1646年)頼重に仕え、子孫は高松藩に仕えた。四男の重政は、初め黒田忠之に仕えていたが、慶安2年(1649年)江戸で闘死した。妹は保科正之の家臣森伝之允の妻となった。

登場作品編集

参考文献編集

  • 『水戸光圀の遺猷』(宮田正彦、1998年錦正社
  • 『高松藩祖松平頼重伝』(松平公益会、昭和39年)