メインメニューを開く

久松 勇二(ひさまつ ゆうじ、1971年9月18日 - )は、日本男性総合格闘家高知県土佐清水市出身。和術慧舟會TIGER PLACE所属。

久松 勇二
基本情報
本名 久松 勇二
通称 ピンク・タイフーン
ピンク先生
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1971-09-18) 1971年9月18日(48歳)
出身地 高知県土佐清水市
所属 和術慧舟會東京本部
→和術慧舟會TIGER PLACE
身長 178cm
体重 84kg
階級 ミドル級
バックボーン 柔道
テーマ曲 11PMのテーマ
テンプレートを表示

試合時にはピンクのスパッツ、入場時にはピンクのガウンを着用し[1]、「ピンク・タイフーン」「ピンク先生」と呼ばれる。

来歴編集

中学から柔道を始めた。高校卒業後、接骨治療の修行を行なっていた。和術慧舟會東京本部に選手治療のために出向いていた[2]

1999年4月、27歳で和術慧舟會東京本部に入門した。

2000年7月23日、28歳でプロデビュー。パンクラスでブライアン・ガサウェイと対戦し、0-2の判定負けを喫した[3]

2001年1月21日、第2回タイタンファイトで優勝を果たした[4]

2001年12月16日、Kushima's Fight 1で西良典と対戦し、判定勝ちを収めた。

2002年5月12日、ORG the 2ndで鶴巻伸洋と対戦し、40-35の判定勝ちを収めた[5]

2002年6月9日、DEEP初参戦となったDEEP2001 5th IMPACTのDEEP JAPAN初代ミドル級1DAYトーナメント1回戦で窪田幸生と対戦。久松のローキックがローブローとなり倒れたところに頭部を蹴ってしまい、合計2点の減点。インターバル後に試合が再開されたが、減点分を取り返せずに0-3の判定負けを喫した[6]

2002年9月8日、DEMOLITION旗揚げ戦で佐藤光芳と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[7]

2002年10月13日、DEMOLITIONで中村大介と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[8]

2002年10月20日、THE BEST Vol.3でデミトリウス・ジョウラコスと対戦し、3-0の判定勝ち[9]。この試合は高瀬大樹の欠場を受けて前戦から1週間後の緊急出場となった[10]

2003年3月8日、パンクラスで三崎和雄と対戦し、0-0の判定ドロー。5月18日、三崎と再戦し、チョークスリーパーによる一本負けを喫した。

2007年4月1日、大道塾主催「2007北斗旗全日本空道体力別選手権予選・第43回関東地区交流大会」の重量級に出場。2回戦で藤松泰通と対戦し、判定負け[11]。これまで和術慧舟會と大道塾の交流は行なわれていなかったため、久松が初めての参加となった[12]

2007年4月27日、パンクラスでファビオ・ナシメントと対戦予定であったが、ナシメントが契約違反となる他団体の試合に出場したため試合が消滅した[13]

2007年6月9日、CAGE FORCE初参戦となったCAGE FORCE 03佐藤豪則と対戦し、0-1の判定ドローとなった[14]

2007年12月8日、「2007北斗旗全日本空道無差別選手権大会」に出場し、5位入賞[15]

2008年1月30日、パンクラスでガジエフ・アワウディンと対戦し、右ストレートによるTKO負けを喫した[16]

2008年10月1日、パンクラス15周年記念興行で佐藤豪則と再戦し、0-3の判定負けを喫した[17]

2009年10月25日、パンクラスでミドル級暫定王者近藤有己とノンタイトルマッチで対戦し、0-0の判定ドローとなった[18]

2010年7月4日、ミドル級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチで近藤有己と再戦し、またしても0-0の判定ドローとなり王座獲得に失敗した[19]

2010年11月3日、パンクラス・ミドル級次期挑戦者決定戦で大類宗次朗と対戦し、パウンドによるTKO負けを喫した[20]

戦績編集

総合格闘技 戦績
39 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
15 6 1 8 0 6 0
18 5 4 9 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 大類宗次朗 2R 2:19 TKO(パウンド) PANCRASE 2010 PASSION TOUR
【ミドル級次期挑戦者決定戦】
2010年11月3日
近藤有己 5分3R終了 判定0-0 PANCRASE 2010 PASSION TOUR
【ミドル級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2010年7月4日
KEI山宮 5分3R終了 判定2-0 PANCRASE 2010 PASSION TOUR 2010年2月7日
近藤有己 5分3R終了 判定0-0 PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 2009年10月25日
× ディラン・アンドリュース 1R 2:33 TKO(パンチ連打) FightWorld Cup 2: Return of the Warriors 2009年4月18日
× クリストファー・ヘイズマン 1R 0:18 KO(パンチ連打) FightWorld Cup 1: Return of the Hammer 2008年11月15日
× 佐藤豪則 5分2R終了 判定0-3 PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年10月1日
マッティ・メケレ 1R 4:52 TKO(サッカーボールキック) PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年4月27日
× ガジエフ・アワウディン 1R 0:41 TKO(右ストレート) PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年1月30日
佐藤豪則 5分2R終了 判定0-1 CAGE FORCE 03 2007年6月9日
× 金井一朗 5分2R終了 判定0-3 PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年9月16日
花澤大介13 5分3R終了 判定0-1 PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年6月6日
渡辺大介 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年4月9日
× ダニー・ヒギンス 1R 3:03 腕ひしぎ十字固め Spartan Reality Fight 14 2005年10月7日
中西裕一 5分2R終了 判定0-1 PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年8月27日
サム・ネスト 3R 1:40 TKO(カット) Spartan Reality Fight 13 2005年4月1日
× 竹内出 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年2月4日
佐藤光留 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年11月26日
× 佐藤隆平 1R 1:33 三角絞め DEMOLITION 2004年9月19日
× デニス・コムキン 1R 0:16 TKO(パンチ連打) M-1 MFC: Russia vs. The World 7 2003年12月5日
× ネイサン・マーコート 5分2R終了 判定0-3 PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年10月4日
長谷川秀彦 2R 2:08 KO(ハイキック) DEMOLITION 2003年9月23日
× 長南亮 5分3R終了 判定0-2 DEEP 11th IMPACT in OSAKA 2003年7月13日
× 三崎和雄 3R 2:34 チョークスリーパー PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年5月18日
三崎和雄 5分2R終了 判定0-0 PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年3月8日
ガリ・スロソ 1R 1:45 チョークスリーパー TPI Fighting Championship 11 2003年1月31日
デミトリウス・ジョウラコス 5分2R終了 判定3-0 THE BEST Vol.3 2002年10月20日
中村大介 5分2R終了 判定3-0 DEMOLITION 2002年10月13日
佐藤光芳 5分2R終了 判定3-0 DEMOLITION 2002年9月8日
× 窪田幸生 5分2R終了 判定0-3 DEEP2001 5th IMPACT in DIFFER ARIAKE
【ミドル級1DAYトーナメント 1回戦】
2002年6月9日
鶴巻伸洋 5分2R終了 判定40-35 ORG the 2nd 2002年5月12日
× 渋谷修身 2R 0:46 ヒールホールド PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR 2002年1月27日
西良典 5分2R終了 判定 Kushima's Fight 1 2001年12月16日
× 窪田幸生 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年6月26日
折橋謙 1R 0:25 ドロップアウト 第2回タイタンファイト
【決勝】
2001年1月21日
所英男 1R 0:56 ドロップアウト 第2回タイタンファイト
【3回戦】
2001年1月21日
宇田亨 1R 1:06 TKO(パウンド) 第2回タイタンファイト
【2回戦】
2001年1月21日
× 石井大輔 10分1R終了 判定0-3 PANCRASE 2000 TRANS TOUR 2000年10月31日
× ブライアン・ガサウェイ 10分1R+延長3分1R終了 判定0-3 PANCRASE 2000 TRANS TOUR
【ライトヘビー級ランキングトーナメント 1回戦】
2000年7月23日

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ [パンクラス] 3.8 有明:近藤、vs菊田前哨戦を圧勝でクリア BoutReview 2003年3月8日
  2. ^ 久松勇二 パンクラス公式サイト
  3. ^ 2000.7.23 パンクラス 後楽園大会 (夜の部) BoutReview 2000年7月23日
  4. ^ 01.1.21 第2回タイタンファイト BoutReview 2001年1月21日
  5. ^ [ORG] 5.12 板橋産文:WKネットワーク、U-FILEに圧勝 BoutReview 2002年5月12日
  6. ^ [DEEP2001] 6.9 有明:トーナメントは泥沼の展開。和田は打撃戦 BoutReview 2002年6月9日
  7. ^ [DEMOLITION] 9.8 横浜:新たな舞台誕生に気鋭溌剌。メインは熾烈な秒殺戦 BoutReview 2002年9月8日
  8. ^ [DEMOLITION] 10.13 お台場:久松、亡き祖母に捧げる一勝 BoutReview 2002年10月15日
  9. ^ [THE BEST] 10.20 有明:松井・今村・久松、急遽出場も勝利 BoutReview 2002年10月20日
  10. ^ [THE BEST] 10.20 有明:松井、今村、久松が急遽参戦! BoutReview 2002年10月20日
  11. ^ 【大道塾】歴史的開戦!和術慧舟會の久松が参戦、重量級は藤松が制覇 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年4月1日
  12. ^ 【大道塾】歴史的開戦!和術慧舟會の久松が参戦、重量級は藤松が制覇 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年4月1日
  13. ^ ナシメントが契約違反で欠場 BoutReview 2007年4月24日
  14. ^ [ケージフォース] 6.9 ディファ:ウマハノフ、美木に苦戦 BoutReview 2007年6月9日
  15. ^ [空道] 12.8 代々木第二:藤松、北斗旗全日本無差別を3連覇 BoutReview 2007年12月8日
  16. ^ 【パンクラス】昇侍快挙、ウマハノフを撃破!北岡、井上に敗れ王座奪取ならず 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年1月30日
  17. ^ [パンクラス] 川村、王座獲得。「現在進行形」アピール BoutReview 2008年10月1日
  18. ^ [パンクラス] 近藤×久松は引分。砂辺防衛。井上学、大石に完勝 BoutReview 2009年10月25日
  19. ^ 【パンクラス】近藤有己がドロー防衛、清水清隆はTKO勝ちで初防衛に成功 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年7月4日
  20. ^ 【パンクラス】ISAOが強豪ウマハノフを相手に一本勝ち!坂口憲二も祝福だ 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年11月3日

関連項目編集

外部リンク編集