久米 義広(くめ よしひろ)は、戦国時代武将細川氏の家臣。阿波国芝原城主。三百貫。

 
久米義広
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天文22年(1553年
官位 安芸守
主君 細川氏
氏族 久米氏
細川之持の娘(細川持隆の妹)
久米義昌三好実休三好長慶の弟)室
テンプレートを表示

略歴編集

天文21年(1552年8月三好実休が阿波守護細川持隆を殺害したことに激怒し、実休を討つために天文22年(1553年)初めに野田山城主・野田内蔵助、英城主・仁木日向守高将、佐野須賀城主・佐野丹後守、蔵本城主・小倉重信らと共に軍事行動を起こした。

実休の妹婿・小笠原成助を攻撃するなどしたが、やがて三好実休が3,000兵を率いて進撃してきた(鑓場の戦い)。野田内蔵助が討たれるなど乱戦になり、義広らも討死した。

出典編集