メインメニューを開く

久納 好孚(くのう こうふ、1921年1月15日 - 1944年10月21日)は、日本の海軍軍人。戦死による特進で最終階級は海軍少佐。未帰還になった神風特攻隊大和隊の隊長であり、特攻第一号とする主張がある。

久納 好孚
Yoshiyasu Kuno.jpg
生誕 (1921-01-15) 1921年1月15日
日本の旗 日本 愛知県
死没 (1944-10-21) 1944年10月21日(23歳没)
フィリピンの旗 フィリピン レイテ湾
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1942年 - 1944年
最終階級 海軍少佐
テンプレートを表示

目次

生涯編集

1921年1月15日愛知県で生まれる。1942年9月法政大学専門部卒業。1942年9月第11期飛行予備学生。霞ヶ浦航空隊付。1943年8月予備少尉、徳島航空隊付。1943年12月265空付。1944年7月予備中尉、201空付。

1944年10月20日、第一航空艦隊は初の神風特別攻撃隊を編成。久納はその中の一隊である大和隊の隊長に任命された。

10月21日朝、敵艦隊発見の報を受けて、敷島・朝日の二隊が9時にマバラカット西飛行場を発進した。久留米篤三特務大尉によれば、神風特攻隊兼敷島隊隊長の関行男が先に出撃するのを見ながら久納は「なんで俺を最初に出してくれないんだ」と不平を言っていたという[1]

10月21日午後、大和隊が出撃した。出撃予定時刻は14時30分であったが、発進寸前で爆撃を受け、稼動機全機が炎上してしまったため、予備機で再編成を行った後、16時25分に発進した。久納は爆装零戦を駆り、大和隊の列機1機と直掩1機の合計3機でフィリピンセブ基地を出撃。他機は悪天候のため目標を発見・捕捉することができず帰還しているが、久納だけは帰還しなかった。前日久納は「僕は明日出撃したら絶対に戻ってこない。特攻できない時はレイテ湾へ行く」と周囲に語っていた。

最初の神風特攻隊の戦果として敷島隊が報道された際、関行男中佐が特攻第一号として紹介された。しかし、戦後、久納は21日に未帰還となっており、連合軍側の記録にあるオーストラリア海軍重巡洋艦オーストラリア」の損傷を久納の特攻による戦果として、久納を第一号であるという見方もあるが[2]、出撃時刻と損傷時刻がかけ離れている(大和隊出撃は21日16時25分、「オーストラリア」被弾は21日朝)[3]。201空の小高登貫の著書で大和隊の一回目の出撃で特攻戦果が報告された記述があるが、これは記憶違いで二回目のことだったと小高は訂正している[4]

第一航空艦隊航空参謀・吉岡忠一中佐によれば「久納の出撃は天候が悪く到達できず、山か海に落ちたと想像するしかなかった」「編成の際に指揮官として関を指名した時から関が1号で、順番がどうであれそれに変わりはないと見るべき」という[5]。軍令部部員・奥宮正武によれば、久納未帰還の発表が遅れたのは、生きていた場合のことを考えた連合艦隊航空参謀・淵田美津雄大佐の慎重な処置ではないかという[6]。また、関が海軍兵学校出身で、久納が予備学生出身であったことから予備学生軽視海兵学校重視の処置とではないかとする意見に対し「当時は目標が空母で、帰還機もあり、空母も見ていない、米側も被害がないので1号とは言えなかった。10月27日に目標が拡大したことで長官が加えた」と話している[7]

同盟通信の報道班員・小野田政によれば、201空司令・玉井浅一中佐から久納が新聞に書かれないことがかわいそうだから書いてくれと頼まれたという。玉井は人情家で、戦果がはっきりしないからという理由で久納が報道されないこと気にしていたという[8]

1944年11月13日、久納は特攻戦死として全軍布告(布告第71号)され、少佐に二階級特進した。本人の性情と特攻に対する熱意から推して、体当たりしたものと推定して発表された[9]

脚注編集

  1. ^ 大野芳『神風特別攻撃隊「ゼロ号」の男 追跡ドキュメント消された戦史 「最初の特攻」が“正史"から抹殺された謎を追う』サンケイ出版1980年68頁
  2. ^ 金子敏夫『神風特攻の記録』光人社NF文庫91-92頁
  3. ^ デニス・ウォーナー『ドキュメント神風 上』時事通信社167-173頁
  4. ^ 大野芳『神風特別攻撃隊「ゼロ号」の男』サンケイ出版31-32頁
  5. ^ 大野芳『神風特別攻撃隊「ゼロ号」の男 追跡ドキュメント消された戦史 「最初の特攻」が“正史"から抹殺された謎を追う』サンケイ出版1980年71、74頁
  6. ^ 御田重宝『特攻』講談社107頁
  7. ^ 千早正隆ほか『日本海軍の功罪 五人の佐官が語る歴史の教訓』プレジデント社281-282頁
  8. ^ 大野芳『神風特別攻撃隊「ゼロ号」の男 追跡ドキュメント消された戦史 「最初の特攻」が“正史"から抹殺された謎を追う』サンケイ出版1980年62頁
  9. ^ 金子敏夫『神風特攻の記録』光人社NF文庫92頁「神風特別攻撃隊戦闘概要」防衛研究所戦史室資料

参考文献編集

  • 『神風特別攻撃隊「ゼロ号」の男 追跡ドキュメント消された戦史 「最初の特攻」が“正史"から抹殺された謎を追う』大野芳(サンケイ出版、1980年)
  • 『神風特攻隊「ゼロ号」の男-海軍中尉久納好孚の生涯』 大野芳光人社、1995)

関連項目編集

よしたかと読ませます。