メインメニューを開く

乳輪(にゅうりん)とは、乳首の周囲の部分にて、焦げ茶色黒色桃色の部分を意味する。乳暈(にゅううん)と呼ぶ場合もある。

乳輪
Female Areola closeup.jpg
成人女性の乳輪(中心は乳首
ラテン語 area
英語 Areola

目次

成長編集

 
女性の乳房のタナー段階。思春期に入るIIの前半(乳頭期)から乳輪の面積が拡大し始め、Vに近づくにつれて大きくなる。色はIは薄ピンク色だが、IIからVにかけては個人差により薄ピンク色のままの人もいれば黒ずむ人もいる。IIの後半(乳輪期)で乳輪付近が膨らみ始める。

思春期前(乳房のタナー段階I)の女性の乳輪は男性と性差が無く、面積で小さい。女性は思春期に入ると同時に乳房の成長が始まり、最初に乳房のタナー段階IIの前半である乳頭期[1][2]として乳輪の面積が拡大し始め(男性でも女性化乳房発症時は女性並みに乳輪の面積が拡大する場合がある)、ノーブラの状態で乳首・乳輪付近に被服などのが接触したり体を揺すったりすると疼痛痒みが生じたり(これが後述する黒ずみの一因になる)、胸付近の布地が薄く胸に密着している被服を1枚のみ着用している時にいわゆる「胸ポチ」が過去に比べて目立ちやすくなることから、思春期に入ったことに気づきやすく[3]、これを機にノーブラを止めてジュニアブラを着用し始める時期であり、着用することによって乳首・乳輪付近の疼痛や痒み、胸ポチを抑える[4][5]

乳房のタナー段階IIの後半(乳輪期)で乳輪付近が膨らみ始め、乳房のタナー段階IV(形成期)には乳輪が乳房上から隆起するようになる。

乳輪内部にはモントゴメリー腺と呼ばれる皮脂腺が多数存在するので、男女ともに思春期以降は毛が生えることもある。モントゴメリー腺は乳首と乳輪を保護する役目を持つが、皮脂腺にしては非常に珍しく表皮付近に存在するので、個人差こそあれ大体の乳輪は目で見てもわかるほど、ぶつぶつになっていることが多い。

編集

色は乳房のタナー段階I(思春期前)は薄ピンク色であるが、これは血管が集中しているためである。IIからVにかけては個人差により薄ピンク色のままの人もいれば、ホルモンバランスの変化や乳首・乳輪に被服などの物が摩擦することなどで乳首・乳輪のメラニン細胞が活性化してメラニンが生成され、黒ずむ人もいる[6]

妊娠は全身的に特に色素の濃い部分に色素沈着を生じさせ、乳輪の周りの皮膚を暗くし二次乳輪を生じさせることもあるが、通常は分娩後に全身的に皮膚は明るく戻ってくる[7]。インドでの調査では妊婦650人中75%で乳輪が黒くなった[8]妊娠中から出産直後にかけてはホルモンが増加し、また授乳時の刺激から守るためにメラニン色素が増えて黒ずみが増す。

高齢者はメラニンを生成する機能が衰えるため、黒ずみが薄くなる。

男性も思春期に少し面積が広くなり(女性化乳房発症時は女性並みに広くなる場合がある)、黒ずむ。

疾患編集

まれに男性の乳輪肥大(500円硬貨程度)も見られることがあるが、女性ホルモンによる女性化乳房である。

出典編集

  1. ^ バストの発育、形態とブラジャーの関係”. ワコール. 2013年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月11日閲覧。
  2. ^ バストの先が痛がゆい|からだの疑問 ガールズばでなび by ワコール
  3. ^ 「思春期早発症」とは 武田薬品工業
  4. ^ ジュニアのからだの変化 ワコール人間科学研究所
  5. ^ 10歳。娘と「胸」について話し始めるタイミング 今どきの高学年女子、ノーブラで運動会は、発育・防犯面からNG! 日経DUAL 2015年2月19日
  6. ^ 乳首の色が友だちより黒い|からだの疑問 ガールズばでなび by ワコール
  7. ^ Kar S, Krishnan A, Shivkumar PV. (2012-6). “Pregnancy and skin”. Journal of obstetrics and gynaecology of India 62 (3): 268–275. doi:10.1007/s13224-012-0179-z. PMC: 3444563. PMID 23730028. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3444563/. 
  8. ^ Hassan I, Bashir S, Taing S (2015). “A clinical study of the skin changes in pregnancy in kashmir valley of north India: a hospital based study”. Indian journal of dermatology 60 (1): 28–32. doi:10.4103/0019-5154.147782. PMC: 4318058. PMID 25657393. https://doi.org/10.4103/0019-5154.147782. 

関連項目編集