メインメニューを開く

乳首(ちくび。: nipple, : Brustwarze, : mamelon, : papilla)は、哺乳類(単孔目を除く)の胴部にある小さな突起状の器官。乳頭(にゅうとう)ともいう。ヒトの場合、1個の乳房に1個ある色素沈着した突起物。その周囲の色素沈着した領域は乳輪(にゅうりん。: areola, : Warzenhof, : aréole, : areola mammae)という[1]

乳首
Female nipple profile.jpg
ヒトの女性の乳首(側面外観)
男性の乳首
ヒト男性の乳首
英語 Nipple
器官 感覚器女性器
テンプレートを表示

なお、資料によってはバストトップと称される場合もある[2]が、和製英語である。

概要編集

哺乳類の乳房に存在する乳汁の出口である。授乳期には子どもが咥えて、吸うことで母乳を摂取する。乳首はオスメスに分化する前の胎児の段階で作られてしまうため、多くはオスにも存在するが多くはあまり大きくならずに終わる。女性ホルモンの影響が大きいと女性の様に発達する(女性化乳房症)。

乳腺の乳腺小葉で合成された乳汁は、乳管を通って乳頭まで運ばれる[3]。乳管は合流して主乳管(1個の乳房に15-20個)となり、乳頭に開口する[4]。乳汁は垂れ流しではなく、乳首や乳房を搾ったり、乳首を吸うことではじめて出てくる。ヒトの場合、乳児が乳首を吸引するとそれがトリガーとなって下垂体前葉よりプロラクチンというホルモンが分泌される。プロラクチンの血中濃度が高まると乳汁が合成される[5]。。一方、家畜から乳汁を得る場合は乳首を搾って得る。

 
女性は乳房のタナー段階で、思春期に入るIIの前半(乳頭期)から乳首が発達し始め、Vに近づくにつれて大きくなる。色はIは薄ピンク色だがIIからVにかけては個人差により薄ピンク色のままの人もいれば黒ずむ人もいる。

思春期前(女性は乳房タナー段階I)は男女とも乳首は小さく、性差も無い。女性は思春期に入ると同時に乳房の成長が始まり、最初に乳房のタナー段階IIの前半である乳頭期[6]として乳首が膨らみはじめ、ノーブラの状態で乳首・乳輪付近に被服などが接触したり体を揺すったりすると疼痛痒みが生じたり(これが後述する黒ずみの一因にもなる)、胸付近の布地が薄く胸に密着している被服を1枚のみ着用している時に「胸ポチ」が目立ちやすくなることで、思春期に入ったことに気づきやすく[7]、これを機にノーブラをやめてジュニアブラを着け始める時期であり、ジュニアブラを着用する事で乳首・乳輪付近の疼痛や痒み、胸ポチを抑える[8]。膨らんでいなくとも乳頭が擦れて気になる人はブラジャーを着けてよい、とする文献もある[9]。乳頭径は乳房のタナー段階IIまでは3-4mmであるが、III以降では4-9mmとなる[10]

色は乳房のタナー段階I(思春期前)は薄ピンク色であるが、これは血管が集中しているためである。IIからVにかけては個人差により薄ピンク色のままの人もいれば、ホルモンバランスの変化や乳首・乳輪に被服などが摩擦することなどでメラニン細胞が活性化してメラニンが生成され、黒ずむ人もいる。妊娠中から出産直後にかけてはホルモンが増加し、また授乳時の刺激から守るためにメラニン色素が増えて黒ずみが増す。高齢者はメラニンを生成する機能が衰えるために黒ずみが薄くなる。男性も思春期以降は黒ずむ。乳輪についても類似の現象が見られ、処女ではピンクだが妊婦・経産婦では褐色ないし黒褐色となる[11]

性的な機能編集

生殖機能としては上記以外の機能はないが、女性の乳首は男性にとって、乳房と同様性的な魅力を持つ。女性にとっても性感帯の一つに数えられ、性行為の際は重要な役割を果たす(男性においても性感帯であることが多い)。乳首の皮膚神経が刺激されると、平滑筋の作用によりその長さは伸びる(勃起)[12]。陰茎の勃起が性的興奮によって行われるのに対し、乳首のそれは性的興奮以外にも温度や触覚によっても起りうるため、厳密には異なる。

疾患編集

授乳期に乳首を清潔に保っておかないと乳管が詰まったり細菌が感染したりして乳腺炎になる。乳首に病変が広がるバジェット病という癌もある[13]。乳首が乳房内部に引き込まれたり、血性の分泌物を出したら、乳癌が疑われる[14]

脚注編集

  1. ^ 『トートラ人体解剖生理学 原書9版』丸善、2014年1月31日、627頁。ISBN 978-4-621-08768-8
  2. ^ 石部千晶 (2019年3月22日). “皮膚科医が回答! 「バストトップ」をキレイなピンク色に近づける方法って?”. マイナビウーマン. 株式会社マイナビ. 2019年10月6日閲覧。
  3. ^ 『最新版 女性の医学大全科』主婦の友社〈主婦の友新実用BOOKS〉、2010年2月22日、35頁。ISBN 978-4-07-264220-7
  4. ^ 落合慈之[監修]『婦人科・乳腺外科疾患ビジュアルブック 第2版』学研メディカル秀潤社、2017年10月5日、340頁。ISBN 978-4-7809-1128-2
  5. ^ 『乳房の科学―女性のからだとこころの問題に向きあう―』乳房文化研究会、朝倉書店、2017年、116頁。ISBN 978-4-254-10279-6
  6. ^ 鈴木光明(編著)『産婦人科診療指針』中外医学社、2008年6月10日、588頁。ISBN 978-4-498-06033-3
  7. ^ 「思春期早発症」とは 武田薬品工業
  8. ^ 10歳。娘と「胸」について話し始めるタイミング”. 日経DUAL. 株式会社日経BP (2015年2月19日). 2019年10月6日閲覧。
  9. ^ 北村邦夫(監修)『女の子の心とからだ』金の星社、18頁。ISBN 978-4-323-06482-6
  10. ^ 大山建司「思春期の発現」『山梨大学看護学会誌』第3巻第1号、2004年、 3-8頁。
  11. ^ 『医科学大事典 36』講談社、1983年4月10日、89-92頁。ISBN 4-06-147836-2
  12. ^ Rauber Kopsch Band2.714”. Rauber-Kopsch解剖学. 慶應義塾大学医学部解剖学教室. 2019年10月6日閲覧。
  13. ^ 山内兄人『性差の人間科学』コロナ社、2008年9月25日、180-181頁。ISBN 978-4-339-07789-6
  14. ^ 太田和夫『体の取扱説明書』産経新聞出版、2007年9月11日、250頁。ISBN 978-4-86306-023-4

関連項目編集