亀卜

カメの甲羅を使う卜占の一種

亀卜(きぼく)は、カメ甲羅を使う卜占(占い)の一種。カメの甲羅に熱を加えて、生じたヒビの形状を見て占う。甲卜(こうぼく)ともいう[1]

中国王朝時代の卜甲河南省安陽市殷墟出土)
亀卜に使う亀の甲羅(左)と太占(骨卜)に使う鹿の肩甲骨(右)

概要編集

占いに使う亀の甲羅は、腹甲を乾燥させ薄く加工したものを用いる。甲羅に溝や穴を開けた部分に燃やして熱い波波迦木(ははかぎ、上溝桜[2]あるいは箒(サクラなどの木片)を押し付け、ヒビが入った状態から吉凶や方角を占う。甲羅を直接炎で加熱することはない。

起源は古代中国大陸で、の時代に盛んに行われていた。占いの結果などを彫り込んだのが甲骨文字である。代には衰え始め、代になると卜官も絶えた。

日本列島には奈良時代ごろに伝来・普及したとされるが、実際の遺跡から出土する卜甲の現状最古の例は、神奈川県三浦市の間口洞窟遺跡[3]から出土した古墳時代後期(6世紀代)のものとされる[1][4]。宮中関連の卜占は、それまでに行われていたニホンジカ肩甲骨を使った太占から亀卜へと代わった。

当時の支配層は、対馬国壱岐国伊豆国卜部神祇官の管轄下に組織し、亀卜の実施と技術の伝承を行なわせた[5][6]。卜部の技は、秘事かつ口伝であったため、材料(カメの種類や甲羅の部位など)や技術に係る未解明な部分も多い[7]。なお、古墳時代後期から奈良時代の遺跡から出土する卜甲の実例では、アカウミガメの腹甲を用いるものが知られる[8]

亀卜は、21世紀の現代でも宮中行事や各地の神社の儀式で行われている。宮中行事では、大嘗祭で使用するイネと粟の採取地の方角(悠紀と主基の国)を決定する際に用いられる。2019年(令和元年)5月13日に皇居の宮中三殿で「斎田点定の儀」が行われた。2018年に行われた準備作業では、東京都小笠原村アオウミガメの甲羅が調達されている[9]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 神澤 1983, p. 1.
  2. ^ 大嘗祭の際の「斎田点定の儀」で用いられる(鎌田純一『平成大禮要話』p.74 ISBN 4764602628)。なお2019年(令和元年)5月の「斎田点定の儀」の際の波波迦木は、古式に則り奈良県の天香具山の麓から伐採され提供された(『三輪さん 大神神社講社崇敬会会報』第110号 p.3)
  3. ^ 神澤 1973.
  4. ^ 神奈川県教育委員会 2016, p. 28.
  5. ^ 延喜神祇式』「臨時祭」(iZE Co., Ltd. (2003-2005). “3巻:40条:【宮主ト部〔閣〕】”. 延喜式検索システム. 皇學館大学. 2020年1月8日閲覧。 “凡宮主取ト部堪事者任之。其ト部取三國卜術優長者。〈伊豆五人。壹岐五人。對馬十人。〉若取在都之人者。自非卜術絶群。不得輙充。
    (凡(およ)ソ宮主(みやじ)ハ 卜部ノ事ニ堪フル者ヲ取リテ之レニ任ズ。其ノ卜部ハ三国ノ卜術ノ優レ長ズル者ヲ取ル〈伊豆五人・壱岐五人・対馬十人〉。若(も)シ在都ノ人ヲ取ル者ハ、卜術の群ニ絶スルニ非ザル自(よ)リ、輙(たやす)ク充(あ)ツルヲ得ズ。)
    『そもそも宮主は、卜部の中でもその仕事に堪うるものを採用して任命するのである。その卜部というのは、三国の中で卜術が優秀なものを採用するのである(伊豆から5人、壱岐から5人、対馬から10人)。もしも都に在住する人を採用する場合、よほど群を抜いたものでないのであれば、たやすくその職に充てることはできない。』”
    )。
  6. ^ 東アジア恠異学会, ed (2006). 亀卜:歴史の地層に秘められたうらないの技をほりおこす. 臨川書店. pp. 31-32. ISBN 9784653039624. https://books.google.co.jp/books?id=HYhzdMPweKoC&lpg=PA32&ots=0LpOb06hJo&dq=%E8%BC%99%E5%85%85&hl=ja&pg=PA32#v=onepage&q=%E8%BC%99%E5%85%85&f=false 2012年1月13日閲覧。 
  7. ^ シンポジウム「亀卜 -未来を語る〈技〉-」”. 國學院大學研究開発推進機構 (2005年9月25日). 2019年1月11日閲覧。
  8. ^ 神澤 1983, p. 8.
  9. ^ 皇位継承儀式、ぎりぎりの調整 「我々はプロ」”. 日本経済新聞 (2018年1月8日). 2019年1月11日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集