メインメニューを開く

二瀬駅(ふたせえき)は、かつて福岡県飯塚市大字横田にあった、日本国有鉄道(国鉄)幸袋線廃駅)である。幸袋線の廃線に伴い、1969年(昭和44年)12月8日に廃駅となった。

二瀬駅
ふたせ
Futase
新二瀬 (0.7km)
(0.6km) (貨)枝国
所在地 福岡県飯塚市大字横田
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 幸袋線
キロ程 7.6km(小竹起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1899年明治32年)12月26日
廃止年月日 1969年昭和44年)12月8日
備考 路線廃止に伴い廃駅
テンプレートを表示
1974年の二瀬駅 - 川津信号場にかけての廃線跡。テキスト挿入の左側が駅跡地擬定地。廃止されてから5年しか経っていないが、廃線跡はほぼ全てが道路に転用されている。 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

歴史編集

  • 1899年(明治32年)12月26日 - 官設鉄道により、幸袋から貨物線を延伸する形で潤野駅(うるうのえき)として開業。貨物駅。
  • 1909年(明治42年)1月1日 - 貨物線が枝国まで延伸される。
  • 1913年(大正2年)11月25日 - 二瀬駅に改称。同時に幸袋 - 当駅間の旅客営業を開始(一般駅となる)。
  • 1965年(昭和40年)10月1日 - 当駅 - (貨)枝国間の貨物線が廃止される[1]
  • 1969年(昭和44年)12月8日 - 幸袋線の廃線に伴い廃止[2]

駅構造編集

旅客用ホームのほかに貨物側線を有する地上駅。枝国駅へは構内北方で分岐した貨物線が続いていた。

駅周辺編集

  • ゲオ 飯塚穂波店
  • ENEOS 飯塚横田SS
  • ランドリーム横田店

廃止後の現状編集

道路化され市道となっているほか、宅地や店舗になっている。

隣の駅編集

日本国有鉄道
幸袋線
新二瀬駅 - 二瀬駅 (- (貨)枝国駅

脚注編集

  1. ^ 1965年(昭和40年)9月29日日本国有鉄道公示第570号「貨物運輸営業を廃止」
  2. ^ 1969年(昭和44年)12月6日日本国有鉄道公示第376号「運輸営業の廃止の件」

関連項目編集