井上政重

江戸時代初期の大名。江戸幕府大目付

井上 政重(いのうえ まさしげ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名下総国高岡藩初代藩主。江戸幕府大目付。高岡藩井上家初代。

 
井上政重
時代 安土桃山時代 - 江戸時代
生誕 天正13年(1585年
死没 万治4年2月27日1661年3月27日
別名 正重、通称:清兵衛
戒名 幽山日性玄高院
墓所 東京都文京区白山の浄心寺
官位 従五位下筑後
幕府 江戸幕府大目付
下総高岡藩
氏族 井上氏
父母 父:井上清秀、母:永田氏
兄弟 重成正友正就政重
正室:太田重正
政次
テンプレートを表示

経歴編集

天正13年(1585年)、徳川家康の家臣・井上清秀の四男として遠江国で生まれる。

寛永4年(1627年)12月29日、従五位下・筑後守に叙任。同9年(1632年)12月17日、江戸幕府の大目付(当時は総目付という名称)となる。宗門改役として幕府のキリシタン禁教政策の中心人物であったが、自身も元キリシタンであったとされる。下屋敷が文京区小日向にあり、キリシタンを幽閉する施設(切支丹屋敷)として使用された。脇に切支丹坂と呼ばれる坂が残る。寛永15年(1638年)に起きた島原の乱には上使として九州に赴いた。

寛永17年(1640年)6月12日、1万石を領し大名に列し下総高岡藩の藩祖となる。同20年(1643年)5月23日、3千石を加えられる。正保元年(1644年)12月16日、大目付として宮城和甫と共に、諸大名に正保国絵図正保郷帳の作成を命じた。寛永20年(1643年)5月、筑前国で捕らえられたジュゼッペ・キアラ(岡本三右衛門)が同年7月、江戸に移送され、政重の小石川の下屋敷に預けられて取り調べを受けた。

1643年、金銀諸島の探索のためにオランダから来航し、南部藩に上陸したオランダのブレスケンス号の船員が捕縛されるブレスケンス号事件が発生し、これをうけて1650年に、バタヴィア側は信任状のない特使を送る事になる。この特使に対して大目付の井上政重が対応した。紅毛流測量術はこのとき伝えられたと一般に考えられている[1]

万治元年(1658年)閏12月8日、職を辞す。

嫡男の政次は早世したため、政次の嫡男である政清に万治3年(1660年)7月9日、家督を譲って隠居し幽山と号した。万治4年(1661年)2月27日、死去。享年77。

関連項目編集

  • 沈黙 (遠藤周作) - 重要人物の一人として登場する。本作では井上は元キリシタンという設定。

出典 編集

  1. ^ 小曽根淳 (2012). “紅毛流として伝来した測量術について (I)”. 数理解析研究所講究録 (京都大学数理解析研究所) 1787. http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~kyodo/kokyuroku/contents/pdf/1787-10.pdf 2020年12月11日閲覧。.