メインメニューを開く

井上政清

井上 政清(いのうえ まさきよ)は、下総国高岡藩2代藩主。

 
井上政清
時代 江戸時代前期
生誕 寛永5年(1628年
死没 延宝3年5月28日1675年7月20日
改名 内記(幼名)、政清
戒名 清山日浄玄性院
墓所 東京都文京区白山の浄心寺
官位 従五位下筑後
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱
下総高岡藩
氏族 井上氏
父母 父:井上政次、母:井上正友
兄弟 政清政実政則政勝政明、井上某室
内記(長男)、政蔽政式(三男)、
坪内定重正室、野々山元易

寛永5年(1628年)、初代藩主・井上政重の長男・井上政次の長男として生まれる。父・政次が慶安3年(1650年)8月に早世したため、祖父・政重から世子に指名され、万治3年(1660年)7月9日に祖父が隠居したため家督を継いだ。このとき、弟の政則に1000石、政明に500石を分与したため、高岡藩は1万3000石から1万1500石となった。

寛文元年(1661年)12月18日、従五位下、筑後守に叙位・任官する。寛文3年(1663年)7月10日から寛文4年(1664年)にかけて近江水口城在番を務めた。寛文8年(1668年)6月、大坂加番に任じられる。延宝2年(1674年)8月には駿府城加番に任じられて任地に赴くが、翌年の5月28日に駿府にて死去した。享年48。

跡を次男の政蔽が継いだ。