井上 法子(いのうえ のりこ、1990年7月26日 - )は、日本歌人詩人

井上 法子(いのうえ のりこ)
誕生 (1990-07-26) 1990年7月26日(30歳)[1]
日本の旗 日本 福島県いわき市[2]
職業 歌人
言語 日本語
最終学歴 東京大学大学院総合文化研究科博士課程在学中[2]
ジャンル 短歌
デビュー作 『永遠でないほうの火』(2016年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴編集

福島県いわき市出身[2]福島県立磐城高等学校在学中の17歳のとき、塚本邦雄の歌に出会い作歌をはじめ、福島県文学賞(短歌部門)で青少年奨励賞を受賞[2][3]明治大学文学部入学後、早稲田短歌会に入会[4]。またも執筆し、福島県文学賞(詩部門)奨励賞を受賞[3]立教大学大学院文学研究科比較文明学専攻修士課程を経て、2020年現在は東京大学大学院総合文化研究科博士課程に在学(休学中)[2]

2013年、「永遠でないほうの火」30首で第56回短歌研究新人賞次席[4]。2015年、第一歌集『永遠でないほうの火』刊行。2019年から2020年まで、現代詩手帖にて短歌時評を担当。

著作編集

単著編集

  • 『永遠でないほうの火』、2016年6月20日、書肆侃侃房ISBN 978-4-86385-223-5

アンソロジー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 本人のTwitterプロフィールより。2021年1月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e 井上法子「世界を引き寄せる透きとおった水べのようなもの」『ビッグイシュー日本版』第394号、ビッグイシュー日本、2020年11月1日、 10頁。
  3. ^ a b 福島県文学賞受賞者一覧”. 福島県ホームページ. 2021年1月10日閲覧。
  4. ^ a b 『桜前線開架宣言』山田航、左右社、2015年12月25日、254頁。ISBN 978-4-86528-133-0

外部リンク編集