メインメニューを開く

井狩 春男(いかり はるお、1945年3月13日 - ) は、日本のエッセイスト評論家

埼玉県出身。中央大学第二文学部仏文科中退。その後、書籍取次店の鈴木書店に入社。店売で商品知識を身につけ、やがて対出版社の窓口である仕入部に配属され、出版界初の手書きによる情報誌「日刊まるすニュース」のたった一人の担当者となる。85年「返品のない月曜日」で作家デビュー。著書多数。得意とするところは、ベストセラーの方程式。新聞・雑誌に連載を何本もかかえている。

新風舎出版賞の審査委員長も務め、さらに自身の著書「本は読むより書く方が10倍楽しい」でも同賞に応募することを勧めているなど、新風舎との関わりが深かった。

主な著書編集

  • 『本は読むより書く方が10倍楽しい』(新風舎) 2002年
  • 『この本は100万部売れる』(光文社) 2002年
  • 『本の虫』(弘文堂) 2002年
  • 『著者と編集者にささげるベストセラーのつくり方』(とりい書房) 1998年
  • 『本好きにささげる52のパラダイス』(とりい書房) 1998年
  • 『岩波新書を読む』(岩波新書) 1998年
  • 『活字の天国』(エー・ジー出版) 1997年
  • 『返品のない月曜日』(筑摩書房) 1985年 ※1989年ちくま文庫化
  • 『文庫中毒』(ブロンズ新社) 1992年

外部リンク編集