メインメニューを開く

京都のテミス女裁判官』(きょうとのテミス おんなさいばんかん)は、テレビ朝日の2時間サスペンス『土曜ワイド劇場』で放送された朝日放送(ABCテレビ)松竹京都映画撮影所、現・株式会社松竹京都撮影所)制作のテレビドラマシリーズ。原作は和久峻三。2003年から2004年にかけて全2作が放送された。

目次

概要編集

タイトルにある「テミス」とはギリシャ神話に登場する正義の女神のことで、マスコミが主人公につけたあだ名である。第1作には芦屋雁之助タクシー運転手役で特別出演している。

重厚な作風を重視するため、ナレーションを導入。ナレーションにはABCアナウンサー鳥木千鶴(第1作)と乾龍介(第2作)が起用された。

キャスト編集

松宮亜紀子…若村麻由美
京都地裁判事東京に夫を残して単身赴任している。平成のテミスの異名を持つ。
松宮忠則…長谷川初範
亜紀子の夫。最高裁の人事課に勤務しているが第2作で殺害される。
石塚修…トミーズ雅
京都府警刑事警部補。亜紀子に協力的。
樫村健太郎…佐川満男
弁護士
神崎良平…高岡建治
検事
片桐判事…谷口高史
次席検事…田渕岩夫
大森刑事…柚原旬
大西真理子…田中江利奈
埼玉地裁書記官。松宮忠則と不倫関係にある。

サブタイトル・放送年月日編集

サブタイトル 放映年月日 原作 ゲスト
第1作 美人判事が不倫と殺人疑惑に襲われて 2003年5月17日 『不倫判事』 伊吹吾郎真由子中川浩三大柴邦彦
第2作 美人判事を襲う夫殺しの罠!チカン裁判不連続殺人事件 2004年5月8日 『首吊り判事』 篠田三郎藤田まこと水野麗奈美栞了
玄海竜二楳崎静香蟷螂襲田畑猛雄

スタッフ編集