京都賞思想・芸術部門

京都賞 > 京都賞思想・芸術部門

京都賞思想・芸術部門(きょうとしょうしそう・げいじゅつぶもん)は、京都賞の一部門であり、優れた業績を上げた芸術家思想家に贈られる賞である。受賞対象分野は、「音楽」、「美術」、「映画演劇」、「思想倫理」の四分野[1]。受賞者には賞状とメダル、そして賞金1億円[2]が贈られる。受賞の対象となる分野は毎年変わり、四年で全分野を一周する。

京都賞思想・芸術部門受賞者[3]編集

音楽分野編集

受賞年 受賞者 出身国 生没年 受賞理由
1985年   オリヴィエ・メシアン   フランス 1908年 - 1992年
1989年   ジョン・ケージ   アメリカ合衆国 1912年 - 1992年
1993年   ヴィトルト・ルトスワフスキ   ポーランド 1913年 - 1994年
1997年   イアニス・クセナキス   ギリシャ 1922年 - 2001年
2001年   ジェルジ・リゲティ   オーストリア 1923年 - 2006年
2005年   ニコラウス・アーノンクール   オーストリア 1929年 -
2009年   ピエール・ブーレーズ   フランス 1925年 - 2016年
2013年   セシル・テイラー   アメリカ合衆国 1929年 -
2017年   リチャード・タラスキン   アメリカ合衆国 1947年 -

美術分野編集

受賞年 受賞者 出身国 生没年 受賞理由
1986年 イサム・ノグチ   アメリカ合衆国 1904年 - 1988年
1990年   レンゾ・ピアノ   イタリア 1937年 -
1995年   ロイ・リキテンスタイン   アメリカ合衆国 1923年 - 1997年
1998年 ナム・ジュン・パイク   アメリカ合衆国 1932年 - 2006年
2002年   安藤忠雄   日本 1941年 -
2006年   三宅一生   日本 1938年 -
2010年   ウィリアム・ケントリッジ   南アフリカ共和国 1955年 -
2014年   志村ふくみ   日本 1924年 -
2018年 ジョーン・ジョナスJoan Jonas   アメリカ合衆国 1936年 -

映画・演劇分野編集

受賞年 受賞者 出身国 生没年 受賞理由
1987年   アンジェイ・ワイダ   ポーランド 1926年 - 2016年
1991年   ピーター・ブルック   イギリス 1925年 -
1994年   黒澤明   日本 1910年 - 1998年
1999年   モーリス・ベジャール   フランス 1927年 - 2007年
2003年 初代 吉田玉男   日本 1919年 - 2006年
2007年   ピナ・バウシュ   ドイツ 1940年 - 2009年
2011年   5代目 坂東玉三郎   日本 1950年 -
2015年 ジョン・ノイマイヤー   アメリカ合衆国 1942年 -
2019年 アリアンヌ・ムヌーシュキン   フランス 1939年 -

思想・倫理分野編集

受賞年 受賞者 出身国 生没年 受賞理由
1988年 パウル・ティーメPaul Thieme   西ドイツ 1905年 - 2001年
1992年   カール・ライムント・ポパー   イギリス 1902年 - 1994年
1996年   ウィラード・ヴァン・オーマン・クワイン   アメリカ合衆国 1908年 - 2000年
2000年 ポール・リクール   フランス 1913年 - 2005年
2004年   ユルゲン・ハーバーマス   ドイツ 1929年 -
2008年   チャールズ・マーグレイヴ・テイラー   カナダ 1931年 -
2012年   ガヤトリ・C・スピヴァク   インド 1942年 -
2016年   マーサ・ヌスバウム   アメリカ合衆国 1947年 -

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “京都賞について|京都賞”. 稲盛財団 (2018年). 2019年10月12日閲覧。
  2. ^ “京大・柏原特任教授ら3氏に京都賞の授賞式 稲盛財団”. 日本経済新聞. (2018年11月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37626630Q8A111C1AC8Z00/ 2018年11月11日閲覧。 
  3. ^ “受賞者|京都賞”. 稲盛財団 (2019年6月). 2019年10月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集