ピーナ・バウシュ(Pina Bausch、本名 Philippine Bausch,1940年7月27日 - 2009年6月30日)は、ドイツコンテンポラリー・ダンス振付家舞踊家[1]

ピナ・バウシュ
(2009年1月)

来歴編集

1940年ドイツのゾーリンゲン市生まれ[2]。実家はカフェレストラン。

1955年、エッセンフォルクヴァンク芸術大学ドイツ語版クルト・ヨースドイツ語版に師事[2]。18歳で首席卒業後、国費交換留学生としてニューヨークのジュリアード音楽院ダンスコースに留学[2]アントニー・チューダーの勧めによりメトロポリタン・オペラ・バレエ団[2]やニュー・アメリカン・バレエ団などで活動。

1962年に帰国し[2]、ヨースが結成したフォルクヴァンク・バレエで[2]ソリストとして活躍。振付を開始し、1969年には芸術監督に就任。この年フォルクヴァンク芸術大学ドイツ語版の教授にもなっている。同年の作品 『時の風の中で』 がケルンの国際振付家コンクールで1位を獲得した[2]

1973年、ヴッパタール舞踊団ドイツ語版の芸術監督・振付家に就任する[2]

ドイツ表現主義舞踊の影響を色濃く受け継ぎ、演劇的手法を取り入れたピナ独自の舞踊芸術は演劇とダンスの融合とも言われ、彼女自身は「タンツ・テアタードイツ語版」(ダンス演劇)と呼ぶ[1]

1983年フェデリコ・フェリーニ監督の映画 『そして船は行く』 に出演。1999年坂本龍一オペラLIFE』に出演。2002年にはペドロ・アルモドバル監督作品 『トーク・トゥ・ハー』の冒頭で代表作である「カフェ・ミュラー」を彼女自身が踊っている。

2009年6月30日、ガンの告知を受けた5日後に68歳で死去した[3]。日本では前年(2008年)4月2日の滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホールで、『フルムーン』を踊ったのが最後の公演であった[4]

2011年に彼女の死により制作が中断されていたドキュメンタリー映画『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』が公開された。

作品編集

 
ヴッパタール舞踊団の看板
 
2009年「春の祭典」のカーテンコール

受賞歴編集

文献編集

公式サイト編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 光嶋裕介 『建築という対話 僕はこうして家をつくる』筑摩書房、2017年、111頁。ISBN 978-4-480-68980-1 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m ピナ・バウシュ” (日本語). 京都賞. 稲盛財団. 2022年10月16日閲覧。
  3. ^ Higgins, Charlotte, "Pina Bausch, 1940-2009", guardian.co.uk, 30 June 2009
  4. ^ ピナ・バウシュ:2008年日本公演 ポワン・ド・ビュ
  5. ^ "ドイツ人振付家のピナ・バウシュ、名高いゲーテ賞を受賞", AFPBB News 2008年08月29日