メインメニューを開く

来歴・人物編集

昭和16年(1941年)に東京帝国大学法学部政治学科を卒業し、同年外務省に入省。同期に西堀正弘(国連大使)、魚本藤吉郎(駐ソ連大使)、内田宏(駐仏大使)、吉野文六(駐独大使)、奈良靖彦(駐加大使)など。昭和28年(1953年)のユネスコ臨時総会政府代表団員を皮切りに、情報文化局、日本ユネスコ国内委員会事務局など、ユネスコにおいて数多くの役職を歴任した。また、コスタリカ特命全権大使在任中には、サンホセ日本人学校設立に尽力した[7]

共著編集

  • 『菊池臣平を語る:講演集』秋田文化出版社,1985年

訳書編集

  • 『先生は黒人だった』H.E.O.ジェームズ,コーラ・テーネン 共著,法政大学出版局, 1954年

脚注編集

外部リンク編集