メインメニューを開く

仁平 映(にへい あきら、1946年3月1日 - )は日本の元服役囚

人物編集

東京都立川市生まれ。中学卒業後、簡易宿泊所労務者生活をしていたが、傷害脅迫などで何回も逮捕され服役している。獄中に待遇改善を求めて、獄中者組合を結成。

1976年台東区清川の路上で見知らぬ44歳男性と口論となり殺害。東京地裁懲役10年の判決を受ける。

控訴中の1977年9月28日に起きたダッカ日航機ハイジャック事件では、殺人犯で思想的背景や日本赤軍とは関係なかったものの獄中者組合の行動が反体制行動としてハイジャック犯側に評価され、釈放要求リストに指名される。日本政府は当初は仁平を「思想犯ではなく刑事犯」である理由から2人の釈放拒否の方針を持っていたが、ハイジャック犯に拒否をされ釈放対象となった。その後、日本政府の超法規的措置によって釈放・出国し、日本赤軍に参加。

現在も国外逃亡中であり、国際手配されているが、詳細な消息は不明である。

関連項目編集

外部リンク編集