日本赤軍

かつての日本の国際極左テロ組織

日本赤軍(にほんせきぐん、: Japanese Red Army)は、1971年5月30日[1]から2001年まで存在した日本の新左翼極左)系の国際武装組織、ゲリラ組織、テロ組織

日本赤軍
Japanese Red Army
略称 JRA
前身 共産主義者同盟赤軍派(獄外G)、京大パルチザン
後継 ムーブメント連帯(2001年12月に「連帯」として結成。同名団体の存在から2003年1月以降改称)
設立 1971年2月(アラブ赤軍)
設立者 重信房子奥平剛士
解散 2001年4月
種類 国際武装ゲリラ組織
法的地位 マルクス主義
世界革命論
国際根拠地論
反帝国主義
パレスチナ解放
目的 • マルクス・レーニン主義に基づく共産主義社会の建設 (日本の 共産主義革命
• 情勢の変化に応じた世界革命のための戦略論展開
本部 パレスチナの旗 パレスチナベッカー高原
公用語 日本語
最高指導者 重信房子
重要人物 奥平剛士丸岡修奥平純三岡本公三西川純和光晴生など
提携 パレスチナ解放人民戦線
関連組織 ドイツ赤軍
職員数
20~30人
特記事項 世界革命戦争前段階武装蜂起論国際根拠地論など
連合赤軍事件
テンプレートを表示

1971年共産主義者同盟赤軍派重信房子京大パルチザン奥平剛士らがパレスチナパレスチナ解放人民戦線(PFLP)への国際義勇兵(アラブ赤軍)として結成し[2]1974年に公式に「日本赤軍」と名乗り、1980年代にかけて多数の武装闘争事件(日本赤軍事件)を起こしたが[1][3]2001年に重信自身が解散を表明した。2022年5月時点で7人が国際手配(国際指名手配)中[4][5]

赤軍派は世界革命の一環としての日本革命を主張し、国際根拠地論により中東など海外に拠点を置いた[3]。日本国公安調査庁は「テロ組織」と呼んでいる[1]。後継の市民団体はムーブメント連帯(旧連帯)[1]

なお1970年のよど号ハイジャック事件は共産主義者同盟赤軍派の起こした事件、1971年以降の山岳ベース事件あさま山荘事件連合赤軍の起こした事件である[5][6]

歴史編集

前史編集

六全協で方針転換した日本共産党による全学共闘会議(全共闘)への指導は学生党員から反発を呼んだ[7]。六全協による方向転換後に日本共産党は全学連などの学生運動を日常要求路線・身の周り主義へと指導しようとしたことは、全学連の日本共産党からの決別と共産主義者同盟(ブント)の誕生の原因となった[7]

共産主義者同盟 全共闘の主流派が昭和33年(1958)12月に、日本共産党を離脱し、新左翼系の過激派集団である共産主義者同盟(ブント)が結成された。これを第一次ブントと呼ぶ。共産主義者同盟は60年安保闘争を主導したが、指導責任を巡る内部争いで分裂・解体された[8]

重信は高校卒業後に会社員生活を送りながら1965年に明治大学夜間部に入学した。そして、学友の復学闘争をきっかけに学生運動に没頭しだし、1969年に共産主義者同盟(ブント)の結成に加わった[9][10]

昭和41年(1966)に共産主義者同盟は再建され(第二次ブント[8]、重信は学生と機動隊が衝突した1967年の「羽田闘争」にも参加し、「救援部隊」として「催涙ガスの痛みに効くとされたカットレモン」を配る役目をしている[11]

共産主義者同盟赤軍派 第二次ブントは70年安保闘争を主導したが、昭和45年(1970)には共産主義者同盟赤軍派(赤軍派)など多数のセクトに分裂・再解体された[8]。1969年の4・28沖縄デー闘争を敗北と総括した「共産主義者同盟(第二次ブント)」は、暴力闘争方針への賛否で内部対立が深刻化した。そのため、同年9月4日に同盟内最左派が離脱し、共産主義者同盟赤軍派(赤軍派)が設立された[1]。共同通信によると1969年頃には重信は教師になるという夢を捨て、武装闘争を主張するブントのグループに所属し、赤軍派の結成に加わっている[11]

同年11月の佐藤首相訪米阻止闘争を前に武装蜂起するとの闘争方針(「前段階武装蜂起論)を主張し、70年安保闘争を事実上の決戦と位置付けた。その準備に着手したが、大菩薩峠事件等での大量逮捕を受けて失敗した[1]。当該の大量逮捕を受けて、塩見孝也は「社会主義国家等に根拠地を建設、国際的支援を受けて、日本革命を達成する」「海外にも運動拠点と同盟軍を持つ必要がある」との「国際根拠地論」を唱えた[1]。1970年3月31日には獄外グループの一部である田宮髙麿軍事委員長ら9人が1970年によど号ハイジャック事件を起こして日本から北朝鮮へと出国したが[2]、塩見孝也などの幹部への相次ぐ検挙などで組織体系は混乱していった[1]

一方で中東パレスチナではイスラエルの占領に反対するパレスチナ解放機構などの武装闘争が続いており、パレスチナ解放人民戦線(PFLP)と共に1968年のエル・アル航空426便ハイジャック事件、1970年のPFLP旅客機同時ハイジャック事件などを起こしていた[3][1]

結成編集

1971年2月26日、赤軍派の重信房子[11][10]、元「京大パルチザン」の奥平剛士らは、赤軍派の「国際根拠地論」に基づき偽装結婚してパレスチナへ赴き、PFLPへ国際義勇兵として参加したが、当時は独立した組織との認識は共有されておらず、自称も「アラブ赤軍」、「赤軍派アラブ委員会」、「革命赤軍」等であった。しかしPFLPにはドイツからも「赤軍派」を名乗る組織(ドイツ赤軍)が義勇兵として参加していたため、区別の為に重信らは1974年頃より「日本赤軍」を名乗るようになった[12]

なお日本に残った赤軍派の獄外グループの非公然部隊は、後に京浜安保共闘と合流して連合赤軍を結成し、山岳ベース事件あさま山荘事件を起こすこととなった[11]

活動活発化編集

当初はレバノンベッカー高原を主な根拠地に軍事訓練を含む活動を行った。また足立正生若松孝二ら映画製作者をパレスチナに招き、映画『赤軍-PFLP世界戦争宣言』の製作に協力した。

1972年2月の連合赤軍によるあさま山荘事件では、『赤軍派の同志諸君ならびに連合赤軍の同志諸君そして友人たちへ』を発表し、共産同赤軍派からの訣別と、独自の立場での革命運動展開を宣言した。

1972年5月30日テルアビブ空港乱射事件では、パレスチナの武装グループらと連携して、イスラエルのロッド空港(現ベン・グリオン国際空港)で搭乗客や駐機中の旅客機を対象にした無差別乱射を行い、一般市民を中心に100人以上の死傷者を出した[13]。(支持者側の呼称は現地読みで「リッダ空港闘争」)。この事件はPFLP主導の作戦で日本人メンバーは義勇兵参加であったが、「日本の赤軍派」(Japanese Red-Army)、後には「日本赤軍」とも報道され、中東・欧米・日本などで注目された。特に反イスラエル感情が強いアラブ諸国で「日本赤軍」は「英雄視」され、一時はパレスチナ難民キャンプで生まれた子供に「オカモト」や「コウゾウ」と名前を付けるのが流行った。また、イスラエルの空港で乱射という生還の期待できない最初から自分の命を引き換えに成果を獲得しようとした行為は、パレスチナの人々には衝撃的で、後の自爆テロというジハードのあり方にも影響を与えた[14][12][15](ただし「日本赤軍」との自称は1974年以降であり、また和光晴生は「リッダ闘争」の実施主体はあくまで京大パルチザンであると主張している[16])。

1970年代から1980年代にかけて、上記のテルアビブ空港乱射事件を含めた多数の日本赤軍事件を起こした。

初期の活動はPFLPの分派組織であり、海外ゲリラ部門の「パレスチナ解放人民戦線・外部司令部」(PFLP-EO)に指導される形であったが、1974年以降はその指導下を離れ、重信房子と丸岡修を中心とした独自の闘いを模索、「アラブ赤軍」などの通称で知られたこの組織が正式に「日本赤軍」を名乗るようになった[17]

ダッカ・ハイジャック事件などで、以前に逮捕されていた過激派グループのメンバーなどの釈放を要求した。1977年のダッカ日航機ハイジャック事件当時の日本は、テロ事件に対応できる体制が十分に整っておらず、日本航空の旅客機が乗っ取られてしまった。日本赤軍の要求に従い、拘束されていた過激派のメンバーなど6人を釈放するとともに600万ドルの身代金を支払うという「超法規的措置」という異例の措置を取った。日本赤軍が起こした数々のテロ事件やハイジャック事件がキッカケとなり、日本の警察当局は特殊部隊「SAT」を発足させている[13]連合赤軍事件や日本赤軍のイスラエル・テルアビブ空港乱射事件は、日本社会に学生運動や新左翼運動に対するマイナスイメージを植え付けた[11]

活動の先細り編集

1981年のヤーセル・アラファートPLO議長訪日に際し、後藤田正晴が日本に対する日本赤軍によるハイジャックをやめさせるよう申し入れ、PLO東京事務所の所長から「絶対にやらせません」と回答を得ている[18]

その後も1980年代中盤にかけて、いくつかの武装ゲリラ活動アジア諸国やヨーロッパ諸国を舞台に引き起こした他、「三井物産マニラ支店長誘拐事件」などにおいて他の武装組織への協力を行ったが、アラブ諸国政府からの支援減少、欧米各国、イスラエル、日本などの西側諸国の対テロ対策や資金規制の厳重化などにより、活動は先細りとなっていった。

1984年7月に『大地に耳をつければ日本の音がする - 日本共産主義運動の教訓』、1993年5月に『日本赤軍 - 20年の軌跡』を刊行した。

1980年代後半以降には、新規の支持者や支援者の獲得困難、またイスラエルや西側諸国と対立していた政府や各国の反政府組織からの資金協力や活動提携がほぼ完全に途絶えたこともあり、1990年代に入ると「日本赤軍」としての活動はほとんど行えない状況となった。

壊滅編集

さらに1980年代後半から1990年代後半にかけて、潜伏し地下活動を続けていた丸岡修や和光晴生等の中心メンバーが相次いで逮捕され、組織は完全に壊滅状態に追い込まれた。

2000年11月には「最高指導者」の重信房子も、密かに帰国しており[13]、潜伏していた大阪府高槻市旅券法違反容疑で大阪府警警備部公安第三課によって逮捕された。その際に、押収された資料により1991年から日本での武力革命を目的とした「人民革命党」及びその公然活動部門を担当する覆面組織「希望の21世紀」を設立していたこと、またそれを足がかりとして社会民主党(旧日本社会党)との連携を計画していたことが判明したと新聞等で報じられた。

「希望の21世紀」は同事件に関連し警視庁と大阪府警の家宅捜索を受けたが、日本赤軍との関係を否定している。社会民主党区議自宅なども「希望の21世紀」の関連先として同時に捜索を受けたが、社会民主党は「何も知らなかったが事実関係を調査する」として関係があったことを否定した。

解散編集

2001年4月に重信は獄中から「日本赤軍としての解散宣言」を行い、解散表明した[13]一方でその直後に坂東國男大道寺あや子は「日本赤軍解散宣言無効宣言」を発表した。[要出典]。警察庁は重信房子の獄中解散宣言文書の公表に対して、革命のための武装闘争を完全否定せずに、逃亡中の7人のメンバーに言及しなかったことを指摘している。日本赤軍は、最高幹部重信房子の逮捕を受け、組織の建て直しと新活動拠点構築を最大の関心事として取り組んでいる。日本の警察当局は、日本赤軍の残党はテロ組織としての性格を堅持しているため、危険性に変わりはなく、逃亡中のメンバーの早期発見・逮捕、活動実態の把握に努めている[19]

後継組織

2001年12月には日本赤軍の公然面での後継組織「連帯」が結成されている。結成宣言において、「私たちは闘いの歴史を継承する」としし、「日本人の3戦士が命をかけた連帯の証として、決死作戦のリッダ闘争が戦い抜かれました。その闘いは、日本では単なる『テロ行為』としてしか伝えられませんでした。しかし、抑圧と虐殺の最中にあった、パレスチナ解放闘争の正義と祖国を希求するアラブ・パレスチナの人々には新たな息吹を与えました」とテルアビブ空港乱射事件を評価している。2003年1月以後に、同名組織が存在していたために「ムーブメント連帯」と改称している[1]

解散後編集

重信房子は産経新聞インタビューで「世界を変えるといい気になっていた。多くの人に迷惑をかけていることに気づいていなかった。大義のためなら何をしても良いという感覚に陥っていた」と自己批判している(但し、テルアビブ空港乱射事件など殺人事件への見解は変えていない)。

ハーグ事件等に関与し1979年に日本赤軍を脱退した和光晴生は、2005年に元メンバーの山本万里子がさきイカを万引きして逮捕されたニュースを受けて、「この件は日本赤軍の実態・実状を示したものであり、かつてヨーロッパで商社員誘拐未遂だとか、大使館占拠や飛行機乗っ取り等を実行してきた組織には、反社会的・反人民的性格があった」と述懐、自己の過去を含め批判した[20]。その後も日本赤軍の過去の内情に批判的な著作を出している[21]

毎年、5月30日には「リッダ闘争」(テルアビブ空港乱射事件の日本赤軍側の呼称。パレスチナ側は「Ledd空港作戦」と呼称しているという[22])を記念する会合が日本とレバノンで行われており、重信房子も賛同メッセージ及びイスラエルなどへの徹底抗戦の檄文を送っている[23][1]

2022年2月15日には重信は「雪山に倒れし友らの半世紀愚か者の革命哀しみ深し」と前身組織・赤軍派時代に一緒だったメンバーが結成した連合赤軍が1972年に起こしたあさま山荘事件に関する歌を詠んでいる[11]

2022年春に重信は「出所後は謝罪と感謝とリハビリと斗病(闘病)で一杯のようです」「過ちもありながら思い通りに生き斗い(闘い)得たこと、幸せな生き方だったと思っています」との手紙を出している[11]

2022年5月28日に懲役20年の刑期を満了し出所した重信は、市民活動は考えていないこと、平和に穏やかに暮らしたいこと語っている[24]。出所現場には50人ほどの記者やカメラマンが集まった際には「半世紀前にはなったが、人質を取るなど、自分たちの戦闘を第一にしたことによって見ず知らずの人に被害を与えたことがあった。古い時代とはいえ、この機会におわびする。そのことを自分の出発点としてすえていきたい」と謝罪した一方、「自分が『テロリスト』だと考えたことはない」と主張した。更に、自身の出所後も国際手配されている日本赤軍メンバー7人について「手配を取り下げることによって、日本に帰れるようになることを願っている」「必要とされる場で生き抜いてほしい」などとした。」と述べた[10]

2022年6月2日、中村格警察庁長官は記者会見で、日本赤軍の解散は形だけであり、テロ組織としての危険性が無くなったとみることは到底できないとし、引き続き残る逃亡中のメンバーの検挙に努力していくことを表明している。また、メンバーが高齢化したことを踏まえ、70歳前後となった顔立ちを想定した似顔絵ポスターが公開された[25]

主なメンバー編集

日本赤軍の主なメンバー
氏名 立場 参加 出身 主な日本赤軍事件への関係 判決とその後























































 
しけのふ/重信房子 最高幹部
政治委員
1971年 赤軍派 懲役20年(2022年5月28日満期出所)
おくたいら/奥平剛士 最高幹部
軍事委員
1971年 京大パルチザン テルアビブで死亡
まるおか/丸岡修 軍事委員 1972年 浪共闘及びベ平連 無期懲役(2011年5月死去)
わこう/和光晴生 軍事委員 1973年 若松プロダクション社員 無期懲役(服役中)
おくたいら/奥平純三 軍事委員 1974年 京大パルチザン 国外逃亡(国際手配)中
やすた/安田安之 1971年 京大パルチザン テルアビブで死亡
おかもと/岡本公三 1972年 国外逃亡(国際手配)中
にしかわ/西川純 軍事委員 1973年 無期懲役(服役中)
ひたか/日高敏彦 軍事委員 1971年 ヨルダン逮捕後、自殺
はんとう/坂東國男 1975年 連合赤軍 国外逃亡(国際手配)中
ささき/佐々木規夫 1975年 東アジア反日武装戦線 国外逃亡(国際手配)中
たいとうし/大道寺あや子 1977年 東アジア反日武装戦線 国外逃亡(国際手配)中
えきた/浴田由紀子 1977年 東アジア反日武装戦線 懲役20年(2017年3月釈放)
せんすい/泉水博 1977年 統一獄中者組合 無期懲役(2020年3月死去)
にへい/仁平映 1977年 統一獄中者組合 国外逃亡(国際手配)中
しろさき/城崎勉 1977年 赤軍派 アメリカ合衆国で懲役30年。2015年、刑期短縮により釈放強制退去処分となり、日本到着後に逮捕殺人未遂罪現住建造物等放火容疑で懲役12年(本人は日本赤軍メンバーであることを否定)。
まつた/松田久 1975年 赤軍派 国外逃亡(国際手配)中
やまた/山田修 1971年 京大パルチザン 1972年、訓練中に死亡
ひもり/檜森孝雄 国内でオルグなどの後方支援活動 1971年 京大パルチザン 2002年、焼身自殺
あたち/足立正生 政治委員 1974年 映画監督
(若松プロダクション所属)
懲役02年・執行猶予4年
とひら/戸平和夫 軍事委員 赤軍派 懲役02年6ヶ月(2003年5月満期出所)
やまた/山田義昭 軍事委員 1973年 1986年2月出頭、懲役1年4ヶ月
やまもと/山本万里子 日系百貨店パリ支店に勤務しながら、高橋武智らとともに欧州内での協力者として日系商社員誘拐計画に関与し、連絡役を担っていた[26] 懲役02年6ヶ月・執行猶予5年。
よしむら/吉村和江 政治委員 1971年 労働者共産主義委員会(怒涛派) 懲役02年6ヶ月・執行猶予4年、被拘禁者奪取罪。国際手配され、ペルーで逮捕・送還。
きくむら/菊村憂 正式メンバーか不明 1988年、アメリカ合衆国で爆発物所持で逮捕。19年服役後の2007年、日本に強制送還。偽造有印公文書行使容疑で懲役2年・執行猶予4年。

関連作品編集

小説編集

映画編集

実際に起きた出来事をベースにしたもの編集

他、ダッカ事件、重信房子、岡本公三に関するテレビドキュメンタリー番組多数。

フィクション編集

関連書籍編集

  • 足立正生『塀の中の千夜一夜 アラブ獄中記』愛育社、2005年9月、ISBN 4750002321
  • 石井一『ダッカハイジャック事件 日本赤軍との闘い』講談社、1978年5月、[1]
  • 河出書房新社(編)『赤軍 1969→2001 総特集』河出書房新社、2001年1月、ISBN 4309976018
  • 今野正義『槐夢 「赤軍」誕生から終焉までの軌跡 ドキュメント』碧天舎、2004年1月、ISBN 4883464571
  • 塩見孝也『赤軍派始末記 元議長が語る40年』彩流社、2003年3月、ISBN 4882027984
  • 世界革命戦線情報センター、査証編集委員会(共編)『隊伍を整えよ 日本赤軍宣言』 査証出版、1975年
  • 高木規矩郎『日本赤軍を追え 「ドキュメント」中東記者15年の取材ノート』現代評論社、1986年2月、[2]
  • 日本赤軍(編著)『日本赤軍20年の軌跡』話の特集、1993年5月、ISBN 4826401302
  • 松下竜一『怒りていう、逃亡には非ず 日本赤軍コマンド泉水博の流転』河出書房新社、1993年12月、ISBN 4309008739、河出文庫: 1996年2月、ISBN 4309404723、松下竜一その仕事刊行委員会版: 河出書房新社、2000年9月、ISBN 4309620736
  • 和光晴生『赤い春―私はパレスチナ・コマンドだった』集英社インターナショナル 2007年10月 ISBN 4797671688
  • 重信房子『日本赤軍私史 パレスチナと共に』河出書房新社 2009年7月 ISBN 978-4309244662
  • 和光晴生『日本赤軍とは何だったのか―その草創期をめぐって』彩流社 2010年5月 ISBN 978-4779114786
  • 小嵐九八郎編 『日本赤軍!世界を疾走した群像』図書新聞 2010年9月 ISBN 978-4886114365
  • 佐々淳行 『ザ・ハイジャック 日本赤軍とのわが「七年戦争」』文藝春秋 2010年11月 ISBN 978-4163733203
  • 原渕勝仁 『若松孝二と赤軍レッド・アーミー』 世界書院 2016年7月 ISBN 4792795702

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 日本赤軍 | 国際テロリズム要覧2021 | 公安調査庁”. www.moj.go.jp. 公安調査庁. 2022年5月27日閲覧。
  2. ^ a b デジタル大辞泉. “共産主義者同盟赤軍派とは” (日本語). コトバンク. 2022年5月27日閲覧。
  3. ^ a b c 昭和50年 警察白書”. www.npa.go.jp. 2022年5月27日閲覧。
  4. ^ 国際手配中の日本赤軍 - 警視庁
  5. ^ a b 日本赤軍の「魔女」5月28日に20年の刑期満了、ついに出所 「革命」という言葉の魔力と学生運動、今の20代はどう見る(47NEWS)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年5月28日閲覧。
  6. ^ デジタル大辞泉. “連合赤軍とは” (日本語). コトバンク. 2022年5月27日閲覧。
  7. ^ a b 平凡社世界大百科事典. “共産主義者同盟(日本)とは” (日本語). コトバンク. 2022年5月27日閲覧。
  8. ^ a b c 第2版,世界大百科事典内言及, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,日本大百科全書(ニッポニカ),デジタル大辞泉,旺文社世界史事典 三訂版,百科事典マイペディア,デジタル大辞泉プラス,世界大百科事典. “共産主義者同盟とは” (日本語). コトバンク. 2022年5月27日閲覧。
  9. ^ 日本赤軍の「魔女」5月28日に20年の刑期満了、ついに出所 「革命」という言葉の魔力と学生運動、今の20代はどう見る(47NEWS)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年5月28日閲覧。
  10. ^ a b c 重信房子・元日本赤軍最高幹部が出所 「ハーグ事件」で懲役20年” (日本語). 毎日新聞. 2022年5月28日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g 日本赤軍の「魔女」5月28日に20年の刑期満了、ついに出所 「革命」という言葉の魔力と学生運動、今の20代はどう見る(47NEWS)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年5月27日閲覧。
  12. ^ a b 池上彰、佐藤優「激動 日本左翼史」(講談社現代新書)p241-242
  13. ^ a b c d 日本赤軍の重信房子元最高幹部 20年の刑期を終えて出所” (日本語). NHK. 2022年5月28日閲覧。
  14. ^ 立花隆『イラク戦争・日本の運命・小泉の運命』講談社、2004
  15. ^ フランソワ=ベルナール・ユイグ『テロリズムの歴史』創元社、2013
  16. ^ 和光晴生『日本赤軍とは何だったのか―その草創期をめぐって』彩流社、2010
  17. ^ 和光晴生「日本赤軍とは何だったのか――その草創期をめぐって――(第二回)」 (抄) 月刊 情況 2009年04月 旧「ベ平連」運動の情報ページ
  18. ^ 後藤田正晴 (1991). 支える動かす. 日本経済新聞. pp. 132-133 
  19. ^ 重大事件等を展開した日本赤軍その他の国際テロリスト(警察庁)”. www.npa.go.jp. 2022年5月28日閲覧。
  20. ^ 和光晴生. “支援連ニュースNo.268「和光裁判は一審結審です」”. 東アジア反日武装戦線に関する よもやま情報のホームページ. 2012年2月23日閲覧。
  21. ^ 『日本赤軍とは何だったのか―その草創期をめぐって』彩流社
  22. ^ 城崎勉さんからの通信
  23. ^ 檜森や丸岡らメンバーの命日にも同様のアピールが行われている
  24. ^ 日本赤軍の「魔女」5月28日に20年の刑期満了、ついに出所 「革命」という言葉の魔力と学生運動、今の20代はどう見る(47NEWS)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年5月28日閲覧。
  25. ^ 日本赤軍解散は「形だけ」警察庁長官、逃亡者摘発に「最大限努力」”. 毎日新聞 (2022年6月2日). 2022年6月6日閲覧。
  26. ^ 和光晴生「日本赤軍とは何だったのか――その草創期をめぐって――(第二回)」月刊 情況 2009年04月号
  27. ^ 実録・トークショーレポ 早稲田松竹、2011年2月5日
  28. ^ 「若松孝二と赤軍レッド・アーミー 」原渕勝仁著、世界書院、2016年7月、p123

関連項目編集

外部リンク編集