今川氏兼

南北朝時代から室町時代初期の武将

今川 氏兼(いまがわ うじかね)は、南北朝時代から室町時代初期の武将。源姓蒲原氏の祖となる。名は今川直世とも。

 
今川氏兼(今川直世)
時代 南北朝時代 - 室町時代初期
生誕 元徳元年(1329年)頃?
死没 応永5年(1398年)頃?
改名 九郎(幼名)→氏兼→直世
墓所 静岡県静岡市清水区蒲原の龍雲寺
官位 修理亮、弾正少弼、越後守
幕府 日向守護
主君 足利義詮義満
氏族 今川氏→源姓蒲原氏
父母 父:今川範国
兄弟 範氏貞世氏兼仲秋
直忠頼春末兼
テンプレートを表示

略歴編集

  • 兄・貞世が九州探題となり、氏兼も兄に従って九州に赴き、兄を援けて九州南朝方の菊池勢と戦い、応安7年(1374年京都に帰陣。
  • 応永3年(1396年)、直世と改名する。
  • 応永5年(1398年)前後、蒲原にて没す。

蒲原氏への名乗りについては、氏兼が九州に赴く際には蒲原氏を名乗っていたという記録(『水江臣記』(みずがえしんき)に係る「多久諸家系図」)もあるが、氏兼の孫の氏頼永享4年(1432年)将軍足利義教の富士遊覧の際、その警固を務めた功により駿河国蒲原城と蒲原庄を氏頼に賜り、その時に今川氏を改め蒲原氏を名乗ったとも云われており、定かではない。