今村 成和(いまむら しげかず、1913年7月20日 - 1996年10月13日)は、日本の法学者北海道大学名誉教授日本学士院会員。専門は行政法経済法法学博士東京大学、1961年)(学位論文「国家補償法」)。国家補償という概念を提案。京城(後の韓国ソウル)生まれ。柳宗悦は母方の伯父。

略歴編集

学歴編集

  • 京城師範学校附属小学校・中学校卒業
  • 1934年3月 第二高等学校文科甲類卒業
  • 1937年3月 東京帝国大学法学部政治学科卒業

職歴編集

  • 1937年4月 三菱商事株式会社入社(総務部文書課法規係勤務)
  • 1947年8月 公正取引委員会事務局事務嘱託
  • 1947年9月 公正取引委員会事務局調査部第一課勤務
  • 1948年7月 公正取引委員会事務局調査部事業者団体課長
  • 1949年7月 公正取引委員会事務局調査部調査第一課長
  • 1950年3月 北海道大学法文学部講師
  • 1950年4月 北海道大学法経学部講師
  • 1950年6月 文部省内地調査員(1951年4月まで)
  • 1951年6月 文部省内地調査員(1952年3月まで)
  • 1952年1月 北海道大学法経学部教授
  • 1955年8月 北海道大学評議員(1961年3月まで)
  • 1959年4月 北海道大学法学部長(1961年3月まで)
  • 1965年10月 北海道大学附属図書館長(1971年9月まで)
  • 1975年5月 北海道大学学長(1981年4月まで)
  • 1981年4月 北海道大学名誉教授 北海学園大学法学部教授
  • 1993年10月 北海学園大学退職 
  • 1993年12月 北海学園大学名誉教授が贈られる
  • 1996年 脳梗塞で入院中の札幌市内の病院で肺炎のため死去 

学外における役職編集

  • 1953年6月 北海道収用委員会委員
  • 1957年1月 日本学術会議会員(第4期から第11期まで)
  • 1957年11月 北海道地方労働委員会委員
  • 1959年9月 北海科学技術審議会委員
  • 1960年3月 司法試験考査委員
  • 1962年1月 産業構造審議会専門委員
  • 1962年4月 学術奨励審議会委員(1964年3月まで)
  • 1965年9月 人権擁護委員(1975年9月まで)
  • 1965年10月 公共用地審議会臨時委員(1966年3月まで)
  • 1966年 日本公法学会理事(1988年まで)
  • 1972年 租税法学会理事(1988年まで)
  • 1974年2月 北海道物価対策委員会委員
  • 1974年7月 道民生活安定審議会委員
  • 1975年1月 日本学術会議第二部長
  • 1975年5月 科学技術会議専門委員
  • 1975年7月 大学設置審議会委員(大学設置分科会)
  • 1979年 経済法学会理事長(1987年まで)
  • 1980年 日本土地法学会会長(初代 1983年まで)
  • 1991年 国際経済法学会会長(初代 1993年まで)
  • 1992年 日本学士院会員
  • 1992年 北海道ポーランド文化協会会長

非常勤編集

  • 1967年6月 東北大学法学部講師併任
  • 1970年8月 名古屋大学法学部講師併任
  • 1971年10月 東京大学法学部講師併任
  • 1972年7月 弘前大学人文学部講師併任

エピソード編集

  • 恩師・田中二郎が北海道大学の併任教授をしていたがその後任で専任教授として赴任した。
  • 脳梗塞で倒れた際、自分が死去した時は「法律系図書が不足しがちなので、私の蔵書は全て北海学園大学付属図書館に寄贈してもらいたい」と遺言した事により、「今村文庫」として北海学園大学付属図書館に配架されている。
  • 趣味としてカメラ収集や風景写真撮影

受賞歴編集

勲一等瑞宝章1985年(昭和60年))

主著編集

  • 『国家補償法』(有斐閣法律学全集、1957年)
  • 『独占禁止法(新版)』(有斐閣、1978年)
  • 『行政法入門(第6版)』(有斐閣、1995年)
  • 『行政法入門(第8版補訂版)』(有斐閣、2007年)*畠山武道が補訂
  • 『独占禁止法入門(第4版)』(有斐閣、1993年)
  • 『人権論考』(有斐閣、1994年)

門下生編集

参考文献編集

  • 『北海道人物・人材情報リスト2004 あ-お』(日外アソシエーツ編集・発行、2003年)
  • 髙木正雄編『北海道建設人物事典』(北海道建設新聞社、2008年)