仏日契嵩

1007-1072, 中国の北宋の禅僧。号は明教大師

仏日契嵩(ぶつにち かいすう、1007年 - 1072年)は、中国北宋。号は明教大師。俗姓は李。藤州鐔津県(広西チワン族自治区梧州市藤県)の出身。

仏日契嵩
1007年 - 1072年
尊称 明教大師
生地 藤州鐔津県(広西チワン族自治区梧州市藤県
没地 霊隠山永安精舎
宗派 雲門宗
寺院 永安精舎、仏日山、龍山
洞山暁聡
著作伝法正宗記』『輔教編』『鐔津文集

7歳で出家、13歳で得度し、14歳で具足戒を受ける。

19歳の時に遊方に出て、神鼎洪諲洞山暁聡らに参じる。暁聡の法を嗣ぎ、銭塘浙江省杭州市)に行き、霊隠山(武林山)にある永安精舎、仏日山、龍山などに住して、著述に専心する。

従来の燈史の整理を行い、欧陽脩らの排仏論者に対抗して三教一致論を展開した。また、『六祖壇経』の刊行にも携わる。

伝法正宗記』『輔教編』が大蔵経に入蔵され、明教大師大師号を賜った。永安精舎で没する。

著書編集

参考文献編集