メインメニューを開く

中巌円月(ちゅうがんえんげつ、正安2年1月6日1300年1月28日) - 文中4年/応安8年1月8日1375年2月9日))は、南北朝時代臨済宗の僧。相模国鎌倉の出身で、俗姓は土屋氏。中巌は道号で、諡号は仏種慧済禅師。

年少期に鎌倉寿福寺臨済宗建長寺派)に入った後、醍醐寺に入って密教を学び、また曹洞宗東明慧日に師事した。1325年正中2年)中国に入り、1332年元弘2年)日本に戻った。その後、万寿寺建仁寺建長寺などの住持を歴任し、臨済宗における一派を形成した。

また、数学に詳しく、随筆の『文明軒雑談』には数学や度量衡の話題を多く記している他、自身でも『觿耑算法』という数学書を著しているが、後者は現存していない[1]

神武天皇については、「太伯の子孫」であるとして、「天皇中国人説」を唱えた(山本七平 『現人神の創作者たち』)。

脚注編集

  1. ^ 川本慎自「禅僧の数学知識と経済活動」中島圭一 編『十四世紀の歴史学 新たな時代への起点』(高志書院、2016年) ISBN 978-4-86215-159-9