メインメニューを開く

仏沼

青森県三沢市の北部に位置し、小川原湖に隣接する低層湿原
仏沼の湿地帯
環境省の看板
東北地方環境事務所の看板

仏沼(ほとけぬま)は、青森県三沢市の北部に位置し、小川原湖に隣接する低層湿原である。

自然編集

仏沼は高さ1-3m程度のヨシや -アゼスゲの群落に覆われており、ツボスミレタヌキモなどの植物が生育している。世界的に絶滅危機にある国際自然保護連合 (IUCN) や環境省レッドリストに掲載されているオオセッカコジュリンなどの繁殖地やオオヨシゴイシマクイナなどの生息地となっている。亜種オオセッカ (Locustella pryeri pryeri) は日本固有亜種で、2,500個体程度生息していると推定されているが、そのうち1,200個体程度が仏沼に生息していると考えられている[1]

環境省による鳥獣保護区指定時の調査結果[2]

これらのことより、2005年(平成17年)11月1日に、国指定仏沼鳥獣保護区(希少鳥獣生息地)に指定されており(面積737ha、うち特別保護地区222ha)、同年11月8日に国際的に重要な湿地を保全する「ラムサール条約」に登録された(登録面積222ha、鳥獣保護区特別保護地区と同地域)。

歴史編集

仏沼はもともとは海跡湖であり、そこを干拓して水田が形成された。昭和40年代から国の減反政策がはじまるが、稲作農家は懸命に湿地からの排水や火入れを行う。いつしかそこはオオセッカなどの鳥類の生息地となり、野鳥保護の意見が集まるようになった。

交通編集

青い森鉄道線三沢駅や三沢中心市街地から離れている。三沢市コミュニティバスで近くを通る路線もあるが、運行本数・曜日が限られており、公共交通での探訪は困難である。

脚注編集

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集