日本の重要湿地500

日本の重要湿地500(にほんのじゅうようしっち500)は、ラムサール条約登録湿地の選定や、湿地保全の基礎資料とするために、2001年(平成13年)12月環境省によって選定された日本国内の500箇所の重要な湿地である。

環境省では、日本の重要湿地500の選定以来十数年が経過したことから見直しを行い、2016年(平成28年)4月22日生物多様性保全上重要な湿地(略称:重要湿地)として633箇所を公表している[1][2]

日本の重要湿地500一覧編集

以下は、日本の重要湿地500に選定された湿地の一覧である。

※はラムサール条約登録湿地(一部指定地域が異なるものを含む)

北海道地方編集

石狩・空知・後志管内編集

渡島・檜山管内編集

胆振・日高管内編集

上川・留萌・宗谷管内編集

釧路・根室管内編集

十勝管内編集

オホーツク管内編集

東北地方編集

青森県編集

岩手県編集

  • 安家川
  • 八幡平周辺湿原群(赤川源流域湿原、八幡平湿原、八幡沼、黒谷地、夜沼、蒸ノ湯大谷地、長沼、大沼、大場谷地、熊谷地、前谷地など)
  • 春子谷地湿原
  • 焼石岳北面雪田
  • 陸中リアス海岸の湾奥沿岸湿地群(宮古湾山田湾船越湾大槌湾釜石湾など)
  • 三陸沿岸の外洋性藻場
  • 南八幡平山稜湿原群(大深岳北面雪田、上倉山周辺湿原、丸森周辺湿原、三ツ石湿原三ツ沼、栗木ヶ原、〔岩手〕大白森湿原、八瀬森、〔秋田〕大白森湿原、小白森湿原、乳頭山、田代平湿原、千沼ヶ原、笊森山雪田、熊見平、湯森山、秋田駒ヶ岳など) (岩手県、 秋田県)
  • 栗駒山湿原群(栗駒山雪田、世界谷地、ゴザコバシリ、須川湖周辺、竜泉ヶ原、田代沼など) (岩手県、秋田県、、宮城県)
  • 広田湾 (岩手県、宮城県)

秋田県編集

  • 米代川河口湖沼群(小友沼、一ノ沢堤、能代大堤、落合沼、須田湿地など)
  • 男鹿半島沿岸
  • 秋田平野湖沼群(八郎潟調整池・天王出戸湿原、男潟女潟、国花苑堤、小立花堤、福田堤、赤平潟、宝竜崎ため池、古川)
  • 雄物川中流域湖沼群(高屋敷低層湿原、大浦沼、乙越沼、湯の台・小方角沢湿原)
  • 横手市仙北郡にかけてのため池群
  • 仙北・平鹿地方の湧水群
  • 田代岳湿地
  • 和賀岳・朝日岳雪田
  • 苔沼
  • 加田喜沼
  • 虎毛山湿地
  • 鳥海山北麓湿地群(南由利原の湿地、冬師のハンノキ林、桑ノ木台湿原、仁賀保高原湖沼群〔平石堤など〕)
  • 鳥海山湿原群(竜ヶ原湿原、稲倉岳北面雪田、鳥海山雪田群、御浜扇子森雪田群、千畳ヶ原、荒神岳北面、心字雪田群、飯ヶ森湿原、河原宿湿原、大清水湿原など) (秋田県、山形県)

宮城県編集

山形県編集

福島県編集

関東地方編集

茨城県編集

  • 涸沼
  • 霞ヶ浦・北浦水系の河川・湖沼群(霞ヶ浦・北浦・浮島湿原を含む)
  • 菅生沼
  • 北茨城市地先海岸
  • 伊師浜、小貝浜、高磯
  • 那珂湊地先沿岸(大洗、平磯、阿字ヶ浦)
  • 利根川下流部 (茨城県、千葉県)

栃木県編集

群馬県編集

埼玉県編集

千葉県編集

東京都編集

神奈川県編集

中部地方編集

新潟県編集

富山県編集

石川県編集

福井県編集

山梨県編集

長野県編集

岐阜県編集

  • 養老地域の湧水群
  • 天生湿原
  • 沖ノ洞・上ノ洞
  • 大湫
  • 津保川流域の農業用水系
  • 前沢湿地・須衛湿地
  • 長良川木曽川水系のサツキマス、ネコギギ生息地
  • 木曽三川合流域の河川・水路・ため池群 (岐阜県、愛知県)

静岡県編集

愛知県編集

近畿地方編集

三重県編集

滋賀県編集

京都府編集

大阪府編集

兵庫県編集

奈良県編集

和歌山県編集

山陰・山陽地方編集

鳥取県編集

島根県編集

岡山県編集

広島県編集

山口県編集

四国地方編集

徳島県編集

香川県編集

  • 香川県低地の水田、ため池などの湿地
  • 豊島ため池群
  • 満濃池周辺のため池群

愛媛県編集

高知県編集

九州地方編集

福岡県編集

佐賀県編集

長崎県編集

熊本県編集

大分県編集

宮崎県編集

鹿児島県編集

沖縄地方編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集