メインメニューを開く

仙岩寺(せんがんじ、ソナムサ)は、大韓民国全羅南道順天市にある仏教寺院。韓国仏教の第2勢力である太古宗の総本山である。また太古宗唯一の叢林で、太古叢林と呼ばれている。以前は曹渓宗大韓仏教曹渓宗)の第20教区本寺だった。

仙巖寺(海川寺⇒仙巖寺)

Seonamsa Eungjindang 11-06859.JPG
応真堂

所在地 全羅南道順天市昇州邑竹鶴里802
位置 北緯34度59分47.8秒 東経127度19分51.9秒 / 北緯34.996611度 東経127.331083度 / 34.996611; 127.331083座標: 北緯34度59分47.8秒 東経127度19分51.9秒 / 北緯34.996611度 東経127.331083度 / 34.996611; 127.331083
山号 清涼山
宗派 太古宗天台宗禅宗曹渓宗⇒太古宗)
寺格 太古宗総本山
太古宗太古叢林
朝鮮三十一本山日本統治時代
創建年 529年百済聖王7年)
開基 阿道和尚
中興年 875年新羅景文王15年)
中興 道銑国師
正式名 仙巖寺
テンプレートを表示

歴史編集

太古宗は、百済の時代の529年聖王7年)に阿道和尚が海川寺を建立したことをもって、仙岩寺の創建としている[1]
875年新羅景文王15年)に道銑国師が現在の伽藍の位置に寺を重創して、 寺名を仙岩寺に改名した。

韓国天台宗の中興の祖といわれている大覚国師義天(1055年 - 1011年)が仙岩寺の大覚庵に主席しながら、仙岩寺を重創した。

李氏朝鮮太宗による1407年(太宗7年)の仏教弾圧の際、存続を許された88寺院の中に仙岩寺の名前はなく、廃寺になったようである。 世宗による1424年(世宗6年)の仏教弾圧の際も、存続を許された36寺院の中に仙岩寺の名前はなく、引き続き廃寺のままだったようである(朝鮮の仏教#李氏朝鮮時代の仏教弾圧)。

その後復興し、1540年中宗35年)に一柱門を重修した。

文禄・慶長の役のさい、鉄仏・宝塔・浮図・文殊殿・曹溪門・圊廁だけを残し、あとはすべて焼失した。その後の復旧は遅れ、1660年に敬俊・敬岑・文正によって、8年越しの重修が行われた。

1798年純祖22年)に海鵬展翎など七殿が重創された。1823年純祖23年)に本堂などが焼失。海鵬・訥庵・益宗らにより、翌年から重創を行った。現在の建物の大部分はこのとき建立されたものである。

韓国併合後の1911年、寺刹令施行規則(7月8日付)によって、朝鮮三十本山に指定された(1924年以降は朝鮮三十一本山)。

曹渓宗大韓仏教曹渓宗)とは、路線闘争(妻帯問題等)や財産闘争を長年にわたって繰り広げており、暴力事件も起こっている。

脚注編集