メインメニューを開く

仙石 久賢(せんごく ひさかた、延享3年(1746年) - 文化5年11月23日1809年1月8日))は、但馬国出石藩家老。通称、内蔵充。子に仙石久恒(造酒)がいる。石高1,000石。

藩主仙石政辰久行久道3代に仕えた。年貢徴収を厳しくし、財政運用で利をあげた。藩主久行は伊藤東所伊藤仁斎の孫)を招きこれまであった学問所を拡張し「弘道館」と名づけた。久賢はこの整備充実に尽力した。伊藤東所・細井平洲と親交が深かった。文化5年に63歳で没した。

関連項目編集

参考文献編集

  • 日本人名大辞典(講談社)