メインメニューを開く
仙石政敬

仙石 政敬(せんごく まさゆき、明治5年4月20日(1872年5月26日) - 昭和10年(1935年9月16日)は、明治時代から昭和初期にかけての官僚政治家子爵

目次

生涯編集

1872年(明治5年)、旧出石藩主・仙石政固の長男として生まれる。1891年(明治24年)7月、学習院高等学科を卒業。1893年(明治26年)、久邇宮朝彦親王の六女・素子女王と結婚した。1898年(明治31年)、東京帝国大学法科を卒業。1899年(明治32年)11月、高等文官試験に合格して官界に入る。宮内省諸陵頭などを務めたのち、1923年(大正12年)賞勲局総裁、1925年(大正14年)宗秩寮総裁を歴任した。1934年(昭和9年)5月、貴族院議員に補欠選挙で当選した。1935年(昭和10年)貴族院議員の在職中に死去した。63歳没。墓所は多磨霊園にある。

栄典編集

家族編集

  • 素子(1876年 - 1918年)
久邇宮朝彦親王の六女
子女

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。

参考文献編集

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』(霞会館、1996年)


日本の爵位
先代:
仙石政固
子爵
出石仙石家第2代
1917年 - 1935年
次代:
仙石久英