メインメニューを開く
池田詮政

池田 詮政(いけだ のりまさ、1866年2月9日慶応元年12月24日) - 1909年明治42年)6月1日)は侯爵貴族院議員。旧岡山藩池田家第13代当主。

明治維新後に鴨方藩池田家から池田宗家を継承し、備前岡山藩の最後の藩主となった池田章政(政詮)の次男(名前は父の初名を逆にしたようなものになっている)。長女は、細川護立の妻で細川護煕元首相の祖母にあたる細川博子。孫は、昭和天皇の四女池田厚子(順宮厚子内親王)の夫池田隆政。兄の池田政保は父が池田宗家を継承する際に鴨方家に残り、幼少ながら家督を継いで鴨方家当主として生涯を送り、父と共に池田宗家へ移った次男の詮政が宗家を継承することとなった。

経歴編集

栄典編集

子女編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 新聞集成明治編年史. 第十四卷』p.105
  2. ^ 『官報』第5999号「叙任及辞令」1903年7月2日。
  3. ^ 『官報』第6135号「叙任及辞令」1903年12月12日。
  4. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  5. ^ 『官報』第7779号「叙任及辞令」1909年6月2日。

外部リンク編集


日本の爵位
先代:
池田章政
侯爵
岡山池田家第2代
1903年 - 1909年
次代:
池田禎政
家長
先代:
池田章政
岡山藩池田家13代当主
1903年 - 1909年
次代:
池田禎政