メインメニューを開く

任侠花一輪(にんきょうはないちりん)は、1974年10月5日に公開された藤竜也の初主演映画。監督三堀篤。製作は東映東京撮影所。併映は『実録飛車角 狼どもの仁義』(菅原文太主演、村山新治監督)。

任侠花一輪
監督 三堀篤
脚本 村尾昭
原案 小谷夏
出演者 藤竜也
多岐川裕美
宮園純子
梅宮辰夫
音楽 菊池俊輔
撮影 飯村雅彦
編集 祖田冨美夫
製作会社 東映東京
配給 東映
公開 日本の旗 1974年10月5日
上映時間 86分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

1974年4月に発売された藤竜也の"語りだけ"のシングルレコード「花一輪」を東映が『任侠花一輪』のタイトルで、当時フリーの藤を招き映画化[1]。原案としてクレジットされている「小谷夏」は久世光彦ペンネームの一つで、久世は「花一輪」の作詞者である。映画の内容も「螢の子と書いてケイコと申します。妹の名前です....。もう間もなく身寄りのない不憫な娘になるはずです」などの「花一輪」の詞を基に脚本が書かれている[1]。出所したヤクザの藤が、小さいころ別れたきりの不憫な妹の行方を捜して歩くというニュータイプの現代任侠映画[1][2]、後の"ネオやくざ映画"を先取りしているといえるかも知れない。藤は1973年にTBSの大人気ドラマ『時間ですよ』に出演し、ほとんど喋らない謎の男・風間役で人気に出て、本作もこの風間のイメージで主役を演じる。藤は1961年に日活に入社して以来、石原裕次郎小林旭渡哲也高橋英樹らスターの陰で、もっぱら脇役ばかりであったが、本作で「夢にまで見た初めての主役」を演じた[1]。東映はこの時期まだヤクザ映画を量産していたが、藤のヤクザ映画出演はこれ1本のみである。藤は2015年『龍三と七人の子分たち』でヤクザの親分役を演じたが、この『任侠花一輪』以降はヤクザ役はほとんどやらなかった。またこの年『聖獣学園』でデビューした多岐川裕美が、藤の妹と、妹と瓜二つの女を二役で演じる。

あらすじ編集

出所したヤクザの白鳥真一が、小さいころ別れた妹の行方を捜して歩き、暴力団同士の抗争に巻き込まれる。

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ a b c d キネマ旬報』1974年10月上旬号、 171-172頁。
  2. ^ 『キネマ旬報』1974年10月下旬号、 24頁。

外部リンク編集