藤竜也

日本の俳優

藤 竜也(ふじ たつや、本名:伊藤 龍也、1941年8月27日 - )[1]は、日本俳優。愛称は「ツモちゃん」。妻は芦川いづみ。藤竜也エージェンシー所属。

ふじ たつや
藤 竜也
本名 伊藤 龍也
生年月日 (1941-08-27) 1941年8月27日(80歳)
出生地 中華民国の旗 中華民国北京
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
身長 173cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画、テレビドラマ
活動期間 1962年 -
配偶者 芦川いづみ
事務所 藤竜也エージェンシー
公式サイト 藤竜也エージェンシー オフィシャルウェブサイト
主な作品
映画
野良猫ロック』シリーズ
野獣を消せ
愛のコリーダ』(1976年)
龍三と七人の子分たち
台風家族
テレビドラマ
時間ですよ
悪魔のようなあいつ
大追跡
プロハンター
北条時宗
やすらぎの郷
おかえりモネ
 
受賞
報知映画賞
主演男優賞
1976年愛のコリーダ
上海国際映画祭
最優秀男優賞
2004年村の写真集
高崎映画祭
最優秀助演男優賞
2004年アカルイミライ
東京スポーツ映画大賞
主演男優賞
2016年龍三と七人の子分たち
テンプレートを表示

北京生まれ[2]神奈川県横浜市育ち[1][2]。横浜市立戸部小学校、関東学院中学校・高等学校卒業、日本大学芸術学部演劇学科中退[3]

来歴編集

父は北京滞在中に現地召集を受け戦死[2]。母、弟と三人で福井県敦賀市引き揚げる[2]。父の実家を頼り、神奈川県横浜市に行くが一家は離散し、竜也は逗子市孤児院に入れられたが3日で脱走[2]。小学校時代は葉山町などで過ごす[2]。大学在学中に銀座日劇前でデートの待ち合わせ中にスカウトされて、日活に入社[1]1962年に『望郷の海』でスクリーンデビュー。ニューフェイスとしてのデビューだったものの、当初はエキストラに近い役もあった[1][4]。そこで、当時、斬新な演出で人気監督となっていた鈴木清順のもとを訪ね、出演をアピールするも、返ってきたのは「君には和田浩治のような育ちの良さも何もない」というきついダメ出しだったという。しかしこのことが俳優としての転機になったと後に本人がBS朝日のインタビューで語っている[5]。また舛田利雄は著書で藤について、スーパースターにはならないが、必ずいい役者になると思ったと語っている[6]。さらに日活時代に舛田の助監督を務めていた村川透も同様に「必ずものになる」と思ったと語っている[4]。そうした証言の通り、日活がニューアクション路線にシフトすると、長谷部安春監督作品や澤田幸弘監督作品などで準主役を務めるようになった。

1971年、日活が一般映画の製作から撤退すると、一時、東映に籍を置くものの、作品には恵まれなかった。そんな中、1973年になってテレビドラマ『時間ですよ』で演じた謎の男・風間役で静かにブレーク。さらに1974年、「花一輪/夢は夜ひらく」で歌手デビューを飾る。作詞は『時間ですよ』で藤を起用したプロデューサーの久世光彦(小谷夏名義)だった。久世はその後も『悪魔のようなあいつ』(1975年)や『ミセスとぼくとセニョールと!』(1980年)などでも藤を起用するなど、藤がお茶の間的人気を獲得するのに大きく貢献した。

1976年大島渚監督の『愛のコリーダ』に出演。劇中で松田英子中島葵との本番を演じ大きな話題となった[7]。また同作品で第1回報知映画賞主演男優賞を受賞した。『愛のコリーダ』に出演を決めた理由について、「ストーリーがピュアで良かった」から。「あの時、断っていたら自分自身に負けた。一生、後悔しただろう」と話した[8]。またベッドシーンについては藤とヒロインの松田英子、そして大島監督の3人だけで撮影を行っていたという[9]。 しかしこの作品の影響からか、翌年は俳優の仕事から遠ざかった。

1978年加山雄三らと共演によるテレビドラマ『大追跡』で復帰。以降は『プロハンター』『特命刑事ザ・コップ』『ベイシティ刑事』などのアクションや、現代劇を中心にテレビドラマ・映画で活躍する。『大追跡』の出演交渉に際して、プロデューサーの山口剛から「実際の主役は藤で、加山は『太陽にほえろ!』の石原裕次郎的な存在である」と聞かされ、出演を了承したという[10]。また『大追跡』などの脚本を手がけた柏原寛司は、藤がたびたびセリフを変更したが、そのセンスの良さに驚き、とても敵わないと思ったと語っている[11]

1980年代にはタバコのCMに出演するなど、ダンディーな中年俳優として人気を獲得し、3冊の写真集が発売された。

2000年代は黒沢清監督の『アカルイミライ』を始め若手監督の作品にも意欲的に出演している。2004年村の写真集』(三原光尋監督)で第8回上海国際映画祭最優秀男優賞を受賞[12]

古希を迎えた2010年代も第一線での活躍が続き、2015年にはNHKのドラマ『かぶき者 慶次』で主演。記者会見で藤は前田慶次を演じることについて「僕が演じるのは絶対に間違いだと思ったけど、晩年なのでいいかな」と語っている[13]。また2015年には北野武監督の映画『龍三と七人の子分たち』でも主演。この演技で第25回東京スポーツ映画大賞の主演男優賞を受賞した[14]。出演オファーが届いた際、藤は「新手の詐欺じゃないか?」と疑ったという[15]

1962年より日活、1970年代には芸映と北欧企画を経て、1975年よりオフィスA・T所属。2005年には30年来担当したマネージャーが脳卒中により退任(2010年8月27日死去)しオフィスA・Tが消滅したため、2006年に個人事務所として藤竜也エージェンシーを設立した。

人物とエピソード編集

  • 過去の趣味は陶芸。陶芸好きから映画『KAMATAKI -窯焚-』では吉行和子と共演、テレビドラマ汚れた舌』でも陶芸家の役で出演している。地元である横浜そごうにおいて1995年から1998年の間に計3回、また横浜高島屋においても2006年に「藤竜也 陶芸展」を開催している[16]
  • 回転寿司が好物で、毎週必ず回転寿司に通っている[17]
  • 石原裕次郎からは「タツ」の愛称で大変かわいがられていた。藤と芦川の結婚の際も、石原が日活の重役たちに了承させ、藤に結婚式のタキシードも贈った[18]
  • スポーツジム等で身体を鍛える俳優の先駆者といえる存在と言われることがあるが[15]、藤自身は自分より先に体を鍛えていた俳優も居たので、自身はそうは考えていないが、そう言われるのは自分に対しての悪くない評価であり、有り難く受けとめると語っている[19]。また毎日のように鍛えていたのは、日活入社したものの決して毎日のように仕事があったわけではなく、むしろ暇であったからで、毎日のように行けば自分の存在を忘れられないであろう、そして何かしらいいことがあるであろうと考えていたためだと語った[20]。『時間ですよ』で人気を博した頃にはすでに肉体を筋肉質へと変貌させた。
  • 藤は演技というものについて、演技には上手いも下手も無い、また他人の演技を下手だと思ったことは一度もなく、役者にはいろんな人が居ていい、たとえ下手な演技があるとしても、それも芸のうちだと考えていると語った[21]

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

オリジナルビデオ編集

  • ガン・ブレス 死ぬにはもってこいの夜(1998年、東映ビデオ

コマーシャル編集

書籍編集

写真集
  • 宮本唯志撮影『WIND JOURNEY』(1984年、CBS・ソニー出版
  • 利根川克正撮影『WIND DANCING』(1984年、駸々堂出版)
  • 利根川克正撮影『藤竜也』(1987年、ハゴロモ)
エッセイ
  • 『現在進行形の男』(2015年10月10日、宝島社
小説
  • 「石垣島にて」(『話の特集』1974年2月号)
  • 「ストレンジャー・ブルース」(『話の特集』1974年7月号)
  • 「熱い砂のむこうに」(『話の特集』1975年11月号)
その他
  • 『沖雅也と「大追跡」』70年代が生んだアクションの寵児 (題字担当。また藤の沖と『大追跡』についてのインタビュー掲載がされている。)

音楽編集

  • EP「花一輪 /夢は夜ひらく」(1974年)
  • EP「MINI BEST 花一輪 / 夢は夜ひらく / スナック「ジロー」 / 夜のサングラス」(1974年)
  • EP「茅ヶ崎心中 / 「昨日」という名の酒場」
  • EP「ヨコハマ・ホンキートンキー・ブルース / 淑珍(スーザン)」(1977年) ※タイトルは、『ヨコハマ・ホンキー・トンク・ブルース』ではない。
  • EP「セニョリータ・マリア〈麗人〉 / ニューヨーク・サンバ〈紐育〉」
  • LP『藤竜也』(1974年4月25日)
  • LP『続・藤竜也』
  • LP『イン・ザ・メロウ・ウィンド』(1982年
  • LP『CARNAVAL〜饗宴〜』(CDも“和ボッサ”シリーズで発売)

※なお、「ヨコハマ・ホンキー・トンク・ブルース」では藤が作詞を手掛け、作曲のエディ藩によりヨコハマのブルースナンバーの代表曲となった。エディとは親交があり音楽活動のサポートを受けた松田優作原田芳雄石橋凌宇崎竜童山崎ハコ石黒ケイらが好んでカバーしていた。

※他にも宇崎竜童の「横浜 MY SOUL TOWN」(BLOSSOM-35)、「Far Far Away」(SAY NO)等、藤が詞を提供した楽曲が知られている。

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d デートの待ち合わせ中にスカウトされて 藤竜也さん”. Asahi web. 2017年7月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年7月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 「《本誌独占》 藤竜也、明るみに出た謎の過去! 内面の告白に力つきて悶絶」『週刊明星』、集英社、1974年10月20日号、 33-35頁。
  3. ^ 『読売年鑑』 2016年版、読売新聞東京本社、2016年、557頁。ISBN 978-4643160017 
  4. ^ a b NTV火曜9時 2015, p. 177
  5. ^ ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜”. BS朝日. 2020年5月23日閲覧。
  6. ^ 舛田利雄佐藤利明 『映画監督 舛田利雄 アクション映画の巨星 舛田利雄のすべて』ウルトラ・ヴァイブ、2007年、177頁。ISBN 978-4-401-75117-4 
  7. ^ 藤竜也が衝撃作「愛のコリーダ」撮影秘話を明かす”. ニュースウォーカー. 2017年7月27日閲覧。
  8. ^ “藤竜也が明かすラブシーン秘話 カンヌで大島渚監督『愛のコリーダ』上映”. ZAKZAK. http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20170530/enn1705301700004-n1.htm 2017年7月23日閲覧。 
  9. ^ 藤竜也が衝撃作「愛のコリーダ」撮影秘話を明かす”. ニュースウォーカー. KADOKAWA. 2017年7月27日閲覧。
  10. ^ NTV火曜9時 2015, pp. 170–173
  11. ^ NTV火曜9時 2015, pp. 192–193
  12. ^ 上海国際映画祭で「村の写真集」がグランプリ!!”. アジアンパラダイス. 07.27.2017閲覧。
  13. ^ 藤竜也が戦国一のかぶき者に”. TVガイドデイリー. 東京ニュース通信社. 2017年7月24日閲覧。
  14. ^ ビートたけしが「龍三と七人の子分たち」に4冠授ける、東スポ映画大賞発表”. 映画ナタリー. ナターシャ (2016年1月26日). 2016年1月27日閲覧。
  15. ^ a b 藤竜也 北野武監督のオファーに「詐欺かと疑った」”. AERA DOT (2015年4月27日). 2020年5月21日閲覧。
  16. ^ 苦しみながら人間を表現  俳優/藤竜也さん”. 定年時代. 新聞編集センター. 2017年7月23日閲覧。
  17. ^ 斉藤蓮 (2016年10月6日). “藤竜也、愛のコリーダ「断ったら一生の傷」 映画「お父さんと伊藤さん」で父の悲哀体現”. ZAKZAK. http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20161006/enn1610060830004-n2.htm 2017年7月23日閲覧。 
  18. ^ (17)藤・芦川の結婚取り持つ”. 2017年7月26日閲覧。
  19. ^ 藤竜也 2015, p. 104
  20. ^ 藤竜也 2015, pp. 104–105
  21. ^ 藤竜也 2015, p. 86
  22. ^ KAMATAKI(窯焚)”. 2005年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月24日閲覧。
  23. ^ 上野樹里&リリー・フランキーの同棲生活に藤竜也が転がり込む!? タナダユキ監督作が決定”. 映画.com (2015年10月16日). 2015年10月16日閲覧。
  24. ^ “河瀬直美の新作「光」主演は永瀬正敏、共演に水崎綾女、神野三鈴、藤竜也”. 映画ナタリー. (2016年10月31日). http://natalie.mu/eiga/news/207436 2016年10月31日閲覧。 
  25. ^ 西炯子「お父さん、チビがいなくなりました」映画化、倍賞千恵子と藤竜也が夫婦役(コメントあり)”. 映画ナタリー. 2018年9月26日閲覧。
  26. ^ “佐藤浩市、玉木宏、藤竜也が「空母いぶき」に出演、追加キャスト22人一挙解禁”. 映画ナタリー. (2018年11月16日). https://natalie.mu/eiga/news/308124 2018年11月16日閲覧。 
  27. ^ “草なぎ剛主演「台風家族」公開決定!新井浩文、MEGUMI、中村倫也と4兄妹に”. 映画ナタリー. (2019年1月22日). https://natalie.mu/eiga/news/316887 2019年1月22日閲覧。 
  28. ^ 映画「コンプリシティ/優しい共犯」オフィシャルサイト
  29. ^ 尾野真千子&江口洋介が夫婦に!新ドラマ 「はじめまして、愛しています。」”. シネマカフェ (2016年5月31日). 2016年6月13日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集