メインメニューを開く

企業資源計画(きぎょうしげんけいかく、Enterprise Resource Planning)は、企業全体を経営資源の有効活用の観点から統合的に管理し、経営の効率化を図るための手法・概念のこと。ERPと略称される。これを実現するための統合型(業務横断型)ソフトウェア(統合基幹業務システム)を「ERPパッケージ」と呼ぶ。

概要編集

ERPは資材所要量計画 (MRP; Material Requirements Planning) から派生した名前である。ERPが一般的に扱うものは企業における製造・物流・販売・調達・人事・財務会計である。ERPパッケージはこれらの基幹業務に関する業務活動の情報管理を支援する。

商用ERPソフトウェア編集

商用のERPソフトウェアとしては、1972年に創業したドイツSAP社のSAP R/3SAP S/4HANAを始め、オラクル社のE-Business Suite, PeopleSoftなどの大手企業向けERPソフトウェアが市場を席巻しており、SAP R/3およびSAP ERP、SAP S/4HANAなどを有するSAP社が過半数のシェアを握っている。特に経済誌フォーブズ(Forbes)が毎年選出するフォーブズ・グローバル2000にランクインする大企業においては、87%がSAP製を採用している[1][2]。又、昨今ではオラクル社がJD Edwards、SAP社がSAP Business OneSAP Business All-in-Oneなどの中堅・中小企業向けを提供しているほか、マイクロソフト社が2007年にDynamics AXを発売して国内市場に参入するなど中堅・中小企業向けのERPソフトウェアが各社より活発にリリースされている[3]。2015年にはSAPがインメモリープラットフォームを活用した第4世代ERPであるSAP S/4HANAをリリースした[4][5][6]。ERPソフトウェア市場は拡大と激しい競争の時期を迎えている。

主なERP製品には以下のものがある。(アルファベット順)

オープンソースERP編集

2000年からいくつかのERPシステムがロイヤルティーフリーのオープンソースライセンスの下でオープンソースシステムとして無料で利用できるようになっている。現在利用できる、安定されたバージョンをもったパッケージとしてはiDempiere, Adempiere, Compiere, Openbravo, OpenERP-現Odoo などがある。

  • iDempiere: Compiere -> Adempiere -> iDempiereと発展しているコミュニティーベースのオープンソースのERPソフトウェア。
  • ERP5: オープンソースERPソフトウェア。

ERPのSaaS化編集

基幹システム関連でのSaaS提供企業はまだまだ少数だが、製造業向けERPコンサル大手(要出典)である東洋ビジネスエンジニアリングが2009年1月から、日本初の製造業向けSaaS型原価管理サービスとして、従来型のMCFrameをSaaS化した、MCFrame online原価管理を提供開始している。ERP世界最大手SAPは2007年にクラウドネイティブERPであるSAP Business ByDesignをグローバルでリリースし、2013年には日本国内でも提供開始した。[8][9][10] オラクル社からはFusionのSaaS化であるERP Cloudが提供されている。2016年にはSAPが従来オンプレミスパッケージであったSAP S/4HANAをSaaS化したSAP S/4HANA Enterprise Management Cloudを提供開始するなど、ERPのSaaS化が進んでいる。[11]

SaaSでは、従来型のライセンシングに対し、サービス利用企業の初期投資が低額で済むため、今後の急速な普及が予測されている。

出典編集

関連項目編集