伊号第三百六十八潜水艦

日本の一等潜水艦
伊号第三六八潜水艦から転送)
艦歴
計画 昭和18年度計画(改マル5計画
起工 1943年7月15日
進水 1944年1月29日
就役 1944年8月25日
その後 1945年2月27日戦没
除籍 1945年4月10日
性能諸元
排水量 基準1,440t、常備1,779t
水中2,215t
全長 73.50m
全幅 8.90m
吃水 4.76m
機関 艦本式23号乙8型ディーゼル2基2軸
水上:1,850馬力
水中:1,200馬力
速力 水上:13.0kt
水中:6.5kt
航続距離 水上:10ktで5,000海里
水中:3ktで120海里
燃料 重油:282トン
乗員 55名
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm単装機銃2挺
53cm魚雷発射管 艦首2門、魚雷2本
備考 安全潜航深度:75m
物資搭載量:艦内65トン、艦外20トン[1]

伊号第三百六十八潜水艦(いごうだいさんびゃくろくじゅうはちせんすいかん)は、大日本帝国海軍潜水艦伊三百六十一型潜水艦の8番艦。回天攻撃隊参加中に硫黄島付近で戦没。

艦歴編集

  • 1942年改マル5計画第5468号艦
  • 1943年7月15日 - 横須賀海軍工廠にて起工。
  • 1944年
    • 1月29日 - 進水
    • 8月25日 - 竣工。佐世保鎮守府
    • 11月27日 - 第7潜水戦隊に編入
  • 1945年
    • 2月20日 - 千早隊として大津島を出撃。
    • 2月27日 - 硫黄島西方沖合で米護衛空母アンツィオ (USS Anzio, ACV/CVE-57) の艦載機の攻撃を受け沈没、乗員85名、回天搭乗員など10名全員戦死。
    • 3月14日 - 硫黄島付近で喪失と認定。
    • 4月10日 - 除籍

歴代艦長編集

※『艦長たちの軍艦史』446頁による。

艦長編集

  1. 中山伝七 少佐:1944年8月25日 -
  2. 入沢三輝 大尉:1944年8月31日 - 1945年2月27日戦死

脚注編集

  1. ^ 数値は『写真 日本の軍艦』の解説より。『艦長たちの軍艦史』によると伊361型の搭載量は艦内65トン、艦外40トンで合計105トン

参考文献編集

関連項目編集