メインメニューを開く

伊号第五十二潜水艦

日本の潜水艦
艦歴
計画 昭和17年度計画(マル追計画
起工 1942年3月18日
進水 1942年11月10日
就役 1943年12月28日
その後 1944年6月24日戦没
除籍 1944年12月10日
性能諸元
排水量 基準:2,095トン 常備:2,564トン
水中:3,644トン[1]
全長 108.7m
全幅 9.30m
吃水 5.12m
機関 艦本式22号10型(過給器付き)ディーゼル2基2軸
水上:4,700馬力
水中:1,200馬力
速力 水上:17.7kt
水中:6.5kt
航続距離 水上:16ktで21,000海里
水中:3ktで105海里
燃料 重油
乗員 94名[2]
兵装 40口径14cm単装砲2門
25mm機銃連装1基2挺
53cm魚雷発射管 艦首6門
九五式魚雷17本
航空機 なし
備考 安全潜航深度:100m

伊号第五十二潜水艦(いごうだいごじゅうにせんすいかん、旧字体:伊號第五十二潜水艦)は、日本海軍潜水艦伊五十二型潜水艦(丙型改潜水艦)の1番艦。艦名としては二代目。ドイツ派遣潜水艦の最終艦(5艦目)。

初代伊52については伊号第百五十二潜水艦を参照のこと。

艦歴編集

1941年(昭和16年)の昭和17年度計画(マル追計画)により、呉海軍工廠1942年(昭和17年)3月18日起工、1942年11月10日進水、1943年(昭和18年)12月28日に竣工した。呉鎮守府籍となり、訓練部隊の第六艦隊第11潜水戦隊に編入されて訓練に従事。

1944年(昭和19年)3月10日に第8潜水隊に編入され、同日、伊52は第5次訪独潜水艦としてを出港する。

伊52の派遣の目的は伊8により持ち帰ったドイツ製工業製品の製造技術の取得のために派遣された。伊52に便乗していたのは主に民間の技術者である。ドイツへの技術供与の対価として2トンの金塊、および当時のドイツで不足していたスズ・モリブデン・タングステンなど計228トンが積載されていた。

アメリカ軍は遣独潜水艦作戦に特別な関心を示し日本とドイツ間で交わされる無線を傍受、その動きを追い続けていた。 作戦中の暗号名は「アカマツ」。

21日にシンガポールに到着。ここで大量の物資を積み込み、23日にシンガポールを出港。

5月20日に喜望峰を越えて大西洋に進出。この頃、ドイツ側の提案で危険海域に突入した伊52の位置をかく乱させる為ニセの情報の無電が発信されたがアメリカ軍はこの無線も傍受解読し計略の全てをつかんでいた。

6月1日頃、伊52は赤道付近を北上、6月4日に北半球に出た。

6月8日、ドイツのベルリンよりレーダー逆探知装置受け渡しの為6月21日午後9時15分に北緯15度00分 西経40度00分 / 北緯15.000度 西経40.000度 / 15.000; -40.000の海域でドイツ潜水艦と会合せよとの無線命令が入る、これが運命の分かれ道となった。アメリカはこの情報を傍受し攻撃部隊を現場に派遣する。護衛空母ボーグはスペインの海域より一気に南下、2隻の潜水艦が現れる海域に急行する。

6月22日、伊52は合流地点に到着、ドイツ潜水艦U530英語版と合流に成功したのは23日午後8時20分であった。この時ドイツ潜水艦より連絡将校が乗艦。 同日午後11時20分に護衛空母ボーグを飛び立ったアベンジャー雷撃機より最初の攻撃を受ける。

翌日24日午前1時に第二派攻撃を受けて北緯15度16分 西経39度55分 / 北緯15.267度 西経39.917度 / 15.267; -39.917の地点で沈没し、艦長の宇野亀雄中佐以下乗員106名、便乗者9名全員戦死。

同年8月2日大西洋方面で喪失と認定、12月10日除籍。

艦体の発見とその後編集

大量の金塊が積載されていたという記録が公開されたのを受け、1995年にトレジャーハンターのポール・ティドウェルにより沈没位置が特定され、船体も発見された。そして1998年の再調査で遺品や積荷のごく一部が引き上げられたが金塊は発見されず、水深5,000mもの深海であることから資金がかかり過ぎるので、それ以上の調査と金塊の引き上げは断念された。この時回収された遺品は日本に送られた[3]

歴代艦長編集

※『艦長たちの軍艦史』420-421頁による。

艤装員長
  1. 宇野亀雄 中佐:1943年11月15日 -
艦長
  1. 宇野亀雄 中佐:1943年12月28日 - 1944年6月24日戦死

脚注編集

  1. ^ 『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』によると水中排水量は2,644トンであるが同サイズの他艦より1,000トンほど軽く、おそらく誤植と思われる。
  2. ^ 乗員数は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。
  3. ^ ナショナルグラフィック日本版vol,5/no,10/1999/金塊とともに眠る日本の潜水艦

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集