伊地知 季随(いぢち すえみち)は、南北朝時代武将。子に伊地知季弘

 
伊地知季随
時代 鎌倉時代後期 - 南北朝時代
生誕 不明
死没 南朝 : 正平6年/北朝 : 観応2年(1351年
主君 足利尊氏島津氏久
氏族 桓武平氏良文流伊地知氏
父母 父:伊地知重英
兄弟 季随
季匡季弘田島正貞蓑輪季縄
テンプレートを表示

生涯編集

越前国伊知地(現在の福井県勝山市伊知地)を領しており、北朝方に与していたが、讒言のために足利尊氏によって罪人とされ領地を没収された。島津氏久及びその父貞久の取り成しによって救われたことから、以後は島津氏に従い転戦した。

南朝方の菊池氏との戦いで島津氏が敗れた際に、恩ある氏久の身代わりとなって討死した。

以後伊地知氏薩摩国大隅国等に土着した。

参考文献編集

  • 島津国史、垂水市史、「さつま」の姓氏