メインメニューを開く

伊東 政喜(いとう まさよし、1881年明治14年)9月7日[1][2] - 1959年昭和34年)12月13日[1][2])は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将大分県日田市長

伊東 政喜
生誕 1881年9月7日
大分県
死没 (1959-12-13) 1959年12月13日(78歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1902 - 1939
最終階級 陸軍中将
除隊後 日田市長
テンプレートを表示

経歴編集

大分県出身[1][3]。伊東寿太郎の二男として生れる[1]陸軍幼年学校を経て、1902年11月、陸軍士官学校(14期)を卒業[1][4]。翌年6月、砲兵少尉に任官し野戦砲兵第17連隊付となる[1][4]陸軍砲工学校高等科を卒業し、さらに1912年11月、陸軍大学校(24期)を卒業した[1][3]

野戦砲兵第17連隊中隊長、陸軍省兵器局課員、陸軍野戦砲兵射撃学校教官、兵器局課員、第16師団参謀陸軍野戦砲兵学校教官、軍務局砲兵課長、同兵務課長、近衛野砲兵連隊長、砲兵監部員などを歴任し、1930年8月、陸軍少将に進級[1][3]

野戦重砲兵第1旅団長、野戦砲兵学校教育部長、同校長などを経て、1934年8月、陸軍中将となった[1][3]砲兵監第3師団長を勤め、1937年8月、予備役に編入されたが、上海事変の勃発により翌月に召集され、第101師団長となり出征[1][2][3]。翌年9月に戦傷を受け帰国[1]参謀本部付を経て、1939年4月、召集解除となった[1][2][3]

1945年3月からは日田市長を務めた。その後は日本傷痍軍人会副会長を務めた。

栄典編集

親族編集

小説編集

  • 柏原兵三『徳山道助の帰郷』新潮社、1967年。
    • 孫の兵三による「伝記」的な小説である。徳山道助(=伊東)の、日露戦争に出征した回想や結婚生活、予備役編入、そして第101師団長として再び出征するさまを「帰郷」を中心にして描いてゆく。彼は、日露役の際、凱旋した自分を迎えてくれた故郷こそが自分にとって最も心地のよい場所であると捉え、戦後に窮乏した時あらためて故郷とは何かを考えることになる。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『日本陸海軍総合事典』第2版、14頁。
  2. ^ a b c d 『日本陸軍将官辞典』86頁。
  3. ^ a b c d e f 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』187頁。
  4. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』183、187頁。
  5. ^ 『官報』第2928号「叙任及辞令」1936年10月3日。
  6. ^ 『官報』第3689号「叙任及辞令」1939年4月26日。

文献編集

  • 鈴木淳・古川隆久劉傑編『第百一師団長日誌 伊東政喜中将の日中戦争』中央公論新社、2007年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第3巻、1985年。

外部リンク編集