メインメニューを開く

岩出山伊達家

仙台藩主伊達家の分家

岩出山伊達家(いわでやまだてけ)は、仙台藩伊達家の分家。仙台藩一門第八席。本項では分家の華族当別伊達家についても併記する。

岩出山伊達家
No image available.svg
本姓 藤原氏
家祖 伊達宗泰
種別 武家
華族男爵(当別)
出身地 陸奥国伊達郡
主な根拠地 陸奥国玉造郡岩出山
石狩国石狩郡当別
著名な人物 伊達宗泰伊達邦直
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

仙台藩初代藩主伊達政宗の四男・宗泰を家祖とする。慶長8年(1603年)、政宗が岩出山城から竣工した青葉城へと居城を移した際に、宗泰が岩出山城を与えられたのが始まりで、知行地14643石を領した。

第10代当主・邦直は、戊辰戦争の敗北にともない所領を没収されると、弟の邦成亘理城主)らと共に北海道開拓に志願する。明治4年(1871年)3月、移住に際して、岩出山に留まる旧家中から当主を現地に残すよう求められたため、邦直は三男・篤三郎に岩出山の家督を譲って自らは別家を興し(当別伊達家)、現在の当別町を開拓した。

邦直は明治24年(1891年)に死去したが、翌明治25年(1892年)に邦直の開拓の功により孫の正人が男爵位を授かり、当別伊達家は華族に列した。

岩出山伊達家の所領

太字は全村拝領

  • 玉造郡:14か村(岩出山鵙目・南沢・上野目・下野目・上宮・下宮・上一栗・下一栗・大口・名生定・鳴子・葛岡・名生)
  • 志田郡:5か村(船越・須摩屋・稲葉・石森・馬寄[1]
  • 栗原郡:2か村(沢田・若柳)
  • 遠田郡:1か村(馬放)
  • 黒川郡:1か村(大衡)

歴代当主編集

岩出山伊達家編集

  1. 伊達宗泰
  2. 伊達宗敏
  3. 伊達敏親(宗親)
  4. 伊達村泰 - 涌谷伊達宗元の五男
  5. 伊達村緝
  6. 伊達村通
  7. 伊達村則
  8. 伊達宗秩
  9. 伊達義監
  10. 伊達邦直
  11. 伊達篤三郎
  12. 伊達英 - 義監の長女
  13. 伊達寧永 - 登米伊達邦教の子。邦直の婿
  14. 伊達宗夫 - 玉造郡岩出山町第3代(1925年 - 1937年)・第5代(1940年 - 1946年)町長

当別伊達家編集

  1. 伊達邦直 - 明治4年(1871年)3月、北海道移住のため篤三郎に岩出山の家督を譲り別家
  2. 伊達基理
  3. 伊達正人 - 明治25年(1892年)北海道開拓の功により男爵

系図編集

伊達政宗
 
 
 
宗泰1
 
 
 
宗敏2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
敏親3亘理伊達実氏石川宗恒
 
 
 
村泰4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
村緝5川崎伊達村敏
 
 
 
村通6
 
 
 
村則7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗秩8川崎伊達宗和
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義監9上遠野秀宣川崎伊達邦和
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
12邦直10亘理伊達邦成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寧永13[当別伊達家]
基理2
亘理伊達直温篤三郎11
 
伊達寧永
 
 
 
 
 
 
宗夫14正人3
 
 
 
 
 

脚注編集

  1. ^ 知行安堵状などでは馬寄村端郷の鷹巣(鷹野巣)を分けて記している。

参考文献編集

  • 昭和『岩出山町史』上巻(宮城県玉造郡岩出山町、1970年)
  • 平成『岩出山町史』通史編・上巻(宮城県大崎市、2009年)
  • 伊達宗弘・伊達君代『仙台藩最後のお姫さま 北の大地に馳せた夢』(新人物往来社、2004年)

関連項目編集