伏見宿(ふしみじゅく) は旧大坂街道宿場で、東海道五十七次に数えられることもある。元和5年(1619年)に設置された。現在の京都市伏見区の中心部である。

宿場町であると同時に伏見城の城下町でもあり、さらに淀川の水運の中継地(伏見港)でもあった。

東海道五十三次の大津宿へは深草藤森神社から大亀谷を経て稲荷山の南麓を勧修寺に抜け、山科盆地を経て髭茶屋追分東海道に合流する道(大津街道)を通る。大坂方の淀宿へは宇治川右岸の淀堤を通る。

京都への道は五条口に至る伏見街道と、竹田口に至る竹田街道がある。

三都以外にも奈良に至る大和街道が通る小倉堤や、宇治への短絡路となる槇島堤が豊後橋(観月橋)と連絡して伏見を経由していた。一方、淀 - 京都間で伏見宿を通らない鳥羽街道の利用も多かった。

最寄り駅編集

隣の宿編集

東海道(京街道)
大津宿 - 伏見宿 - 淀宿