メインメニューを開く

会津比売神(かいづひめのかみ)は、長野県諏訪地方の民間伝承(諏訪信仰)の女神

会津比売神

神祇 国津神
全名 会津比売神
別名 会津比売命、伊都速比売命
陵所 妻女山
伊豆速男命
多満留姫
配偶者 武五百建命
健稲背命
神社 会津比売神社
関連氏族 洲羽国造諏訪氏)、科野国造金刺氏
テンプレートを表示

概要編集

会津比売命とも表記する。

「かいづ」の名称の由来は不明であるが、神社周辺の松代一帯は古来海津(かいづ)と呼ばれており、松代城も海津城と呼ばれていた。

日本三代実録』にも見える式外社「會津比賣神」に比定される会津比売神社の祭神で、当神社では初代科野国造武五百建命の妻とされる。また伊津速比売神と同神とされる。

一説に神陵は妻女山の古墳とされ、山の名前の由来とされる。

貞観八年六月一日従四位下を賜る[1]

系譜編集

会津比売神社では建御名方神の子出早雄命の娘とされ、初代科野国造の妻と伝えるが、建御名方神の孫・六老彦神の娘で、兄妹に鴨羽神草奈井比売神がいるとする系図もある[2]

一方可毛羽神草奈井比売神は建御名方神の子・伊豆速雄命の子とされ、箭津安賀多神(六老彦神)は兄とする説もある[3]

祀る神社編集

参考文献編集

  1. ^ 諏訪史料叢書.巻28 73項
  2. ^ 「諏訪下社大祝武居祝系圖略」『諏訪史料叢書.巻28』諏訪教育会、昭和11年、73頁。
  3. ^ 守矢実久「健御名方命御系圖」『諏訪神社略縁起』中村甚之助、明治53年、10頁。

関連項目編集