伝説シリーズ

伝説シリーズ』(でんせつシリーズ)は、西尾維新による小説シリーズ。単行本が講談社ノベルスより刊行されている。全巻が約500ページもある長編。

伝説シリーズ
ジャンル 冒険小説終末もの魔法少女
小説
著者 西尾維新
出版社 講談社
レーベル 講談社ノベルス
刊行期間 2012年4月25日-
巻数 既刊7巻
テンプレート - ノート

目次

あらすじ編集

悲鳴伝
2012年10月25日午前7時32分、人類は『大いなる悲鳴』により3分の1もの人々が絶命した。
半年後、13歳の少年 空々空(そらからくう)は『地球撲滅軍』に勧誘され、地球と戦いに身を投じる。
『悲痛伝』
『大いなる悲鳴』から1年後、四国の島民がすべて失踪する事件が起こる。地球撲滅軍第九機動室室長である空々はその原因調査のため四国へ向かう。香川県に到着した空々はそこで出会ったメタファーこと登澱證から絶対平和リーグには魔法を使用する魔法少女がいること、ルールを破った者は爆死するゲームが行われていることを聞く。
その後空々はパトスストロークとの戦闘後、パンプキンこと杵槻鋼矢と出会う。
『悲惨伝』
 杵槻鋼矢とともに行動することになった空々は徳島県上空で黒衣の魔法少女スペースと遭遇する。辛くも逃走するが2人は離ればなれになってしまう。
その後空々は民家で幼児の酒々井かんづめジャイアントインパクト地濃鑿と出会いともに行動する。翌日、絶対平和リーグ徳島本部捜索のため大歩危峡にいた3人は黒衣の魔法少女シャトルの魔法に襲われる。
一方本州では氷上竝生左右左危から『新兵器』が暴走して四国に向かったことを告げられる。
『悲報伝』
四国の西側、高知県愛媛県ではチーム『スプリング』と『オータム』による春秋戦争が行われていた。魔法少女クリーンナップに出会った杵槻鋼矢はチーム『オータム』側で、空々は『スプリング』側で春秋戦争に参加することになる。
『悲業伝』
地球撲滅軍所属の氷上竝生左右左危は空々の捜索、新兵器回収、魔法少女の調査のため四国に降り立つ。途中ストロークこと手袋鵬喜と会い、黒衣の魔法少女の強襲を逃れながらも四国を探索する。
『悲録伝』
『悲亡伝』
『悲衛伝』

登場人物編集

地球撲滅軍編集

空々空(そらから・くう)
本作の主人公。中学1年生。13歳。地球撲滅軍第九機動室室長。何事にも感動しない少年。コードネーム『醜悪』。父と母、2人の弟と暮らしていた。国文学を専攻する父を持つため、漢字に限り語彙は豊富である模様。矯正された右利き。何事にも感動しない、という性分を自覚しており、それを隠すためにしばし過剰な演技を行うきらいがある。また、他人と会話する際に若干のタイムラグがあり、どう回答すれば正しいかを考えて喋っている。
大いなる悲鳴の後に飢皿木鰻による推薦で、地球撲滅軍へ招待される。その時に剣藤犬个によって家族を虐殺されたが、全く動じることが無く、改めて彼の希少性を観察した地球撲滅軍は、彼をスカウトし、軍への入団を決める。後に、地球撲滅軍の第九機動室室長になる。
剣藤犬个(けんどう けんか)
花屋瀟(はなや しょう)
左在存(ひだり ざいぞん)
瀬伐井鉈美(せきれい なたみ)
了城娯也(りょうじょう ごや)
落雁ギリー(らくがん ギリー)
左右左危(ひだり うさぎ)
不明室室長。30代前半で、整ったプロポーションをしている。左在存の実母にして飢皿木鰻の元妻。地球撲滅軍最高の頭脳と言われるほどの天才的科学者であると同時に実の娘を非人道的な実験の実験台にするマッドサイエンティスト。『悲鳴伝』では名前でのみ登場。『悲痛伝』、『悲惨伝』では四国住民失踪事件で四国を沈めるために投入される新兵器の開発に携わっていたが、事件が地球からの攻撃であるという軍の見解に疑問を持ち、投入に反対していたため、部下にクーデターを起こされる。そのため旧知の氷上竝生と接触し、暴走して予定よりも早く四国に向かった新兵器回収のため二人で四国へ向かう。四国ゲーム発生以前から四国絶対平和リーグの魔法や魔法少女の存在については把握していた。『悲業伝』で氷上とともに四国に上陸し、上陸時に発見したチーム『サマー』の魔法少女パンプキンのコスチュームを着て行動する。空々が最初に降り立った中学校で旧知の間柄である絶対平和リーグ魔法少女製造課課長酸ヶ湯原作に遭遇し、手袋を補佐してほしいと頼まれ、吉野川で手袋を発見し、以後、行動を共にする。
氷上竝生(ひがみなみうみ)
コードネーム『焚き火』。27才。処女。第九機動室所属。普段はスーツ姿のクールビューティー。剣藤の後任として空々の身の回りの世話もしている。不明室により肉体改造を受けており、体中の体液を可燃性の液体『炎血』に変えられている。これを応用すると、『氷血』になる。このことを氷上本人は快く思っておらず、自分に肉体改造を施した、不明室、特に室長の左右左危を良く思っていない。四国に趣いた上司空々が消息を断ったため、空々を救出するため、不明室室長左右左危と共に四国へ向かう。四国上陸後はチーム『サマー』の魔法少女ストロークのコスチュームを着て行動する。空々が最初に降り立った中学校で絶対平和リーグ魔法少女製造課課長酸ヶ湯原作に遭遇し、手袋を補佐してほしいと頼まれ、吉野川で手袋を発見し、以後、行動を共にする。香川県で空々と合流。以後行動を共にする。『悲録伝』では、合流した空々についていくことを決意し、空々を補佐しようと考える。そのため同じことを考えていた鋼矢とはしばしば対立する。空々に対して単なる上司とは思っていないような描写がある。
悲恋(ひれん)
地球撲滅軍不明室によって開発された『新兵器』。少女の外見をした人造人間。空々の四国上陸から1週間後に四国を沈めるために投入される予定だったが、不明室室長左右左危抜きで調整していたために暴走し、予定より早く自力で四国に向かう。平泳ぎで桂浜に上陸し、そこに偶然居合わせた空々の指揮下に入る。その性能はかなり高く、本人曰く「白兵戦では無敵」。本州から四国までをマッハの速度で泳ぎ、鉄壁を誇る魔法少女のコスチュームを素手で貫いた。実は人間を模した爆弾であり、髪の毛1本に至るまで、すべてに爆弾としての要素が備わっている。任務に失敗しようと成功しようと、四国一帯を消滅させる機能が付随されている。その気になれば地球全土を破壊できるほどの威力を持つ。なお、強靭な戦闘力は本体が誤爆しないようにする、必要不可欠なものであるらしい。適応能力も高く、臨機応変に会話を行い、命令や上官のためなら嘘をつくこともいとわない。戦闘時も上官に危険が及ぶと判断すれば、独自に行動し、敵を殺すこともある。悲恋の作成に際して左博士は無作為に顔形のパーソナルデータを抽出したが、その中に剣藤犬个と花屋瀟のそれが入っていたらしく、それゆえに空々は彼女に『共感』している節がある。

絶対平和リーグ編集

チーム『スプリング』編集

高知本部の魔法少女。改革派。春秋戦争により全滅。

フローズン
固有魔法:融解
ベリファイ
鈴賀井縁度(すずがい・えんど) マルチステッキ:マッドサンド〈固有魔法:砂〉
ベリーロール
固有魔法:摩擦
デシメーション
マルチステッキ:コミッション〈固有魔法:振動〉
アスファルト 
忘野塞(わすれの・ふさぎ)固有魔法:伝令 
『スプリング』チームリーダー。高いカリスマ性を持ち、それによりチームを統率している。チーム『オータム』との春秋戦争に勝利するため、空々達を利用しようと考える。

チーム『サマー』編集

香川本部の魔法少女。

メタファー
登澱證(のぼりおり・しょう) 固有魔法:爆破
13歳。香川県出身。空々が四国で初めて出会った人物。サッパリとした性格。空々を四国ゲームのルール集めの盾にしようと思い、友好的な態度を取り、うどんを調理する。空々と共にうどんを食した後に頭部を同じチーム『サマー』のコラーゲンに爆破されて死亡。
パトス
秘々木まばら(ひびき・まばら) マルチステッキ:シネクドキ〈固有魔法:ぴったり〉 
メタファーが待ち合わせに現れないのを不審に思い、空々が最初に降り立った中学校に現れ、そこでメタファーのコスチュームを着た空々と遭遇。その際悲鳴を上げるも、いきなり斬りかかってきた空々の破壊丸を破壊し、校舎内で空々と交戦し勝利。捕らえた空々をガラスを使って拷問する。しかし、沈黙を貫く空々に根負けし、一時拷問を中断し睡眠をとるが、そこに現れた同じチーム『サマー』のコラーゲンにシネクドキを胸に突き刺され死亡。
ストローク
手袋鵬喜(てぶくろ・ほうき) マルチステッキ:ステップバイステップ〈固有魔法:ビーム砲〉 
空々よりも年下の気弱な雰囲気の少女。処女。空々が殺されたまばらの死体を調査している時に現れ、空々がまばらを殺害した犯人で、さらにその死体を辱めようとしていると考え激昂。敵を討つため空々を殺そうとする。戦闘の際、校舎を破壊。しかし、空々に敗れ、捕らえられる。その後、空々と同盟を組もうとしたことにより、同じチーム『サマー』のコラーゲンに殺されそうになるも、逆にコラーゲンを殺し、コラーゲンのコスチュームを奪い逃走した。『悲業伝』で、半ば四国ゲームを放棄しようとしていたが、チーム『白夜』の魔法少女スタンバイから断片的な情報をもらい再び四国ゲームをプレイすることを決意。その後吉野川にて地球撲滅軍の左と氷上に遭遇し、以後行動を共にする。
コラーゲン
早岐すみか(はいき・すみか) マルチステッキ:ナッシングバット〈固有魔法:写し取り〉
パンプキン
杵槻鋼矢(きねつき・こうや) 固有魔法:自然体
外見は高校生位の少女。処女。固有魔法は自然体だが、魔法少女なら誰でも使える基本魔法である飛行を特訓していたため、他の魔法少女よりも飛行速度や技術に優れており、それに自信を持っている。剣藤犬个とは友達。『悲痛伝』で手袋に料理を作り、そこに精神ブロック剤を入れようとしていた空々に対して「他人に毒を飲ませる」のはルール違反であることを告げ、コラーゲンへの対抗手段として空々に同盟を申し込む。『悲惨伝』では空々共にチーム『ウィンター』の魔法少女ジャイアントインパクトこと地濃鑿と待ち合わせをしていた焼山寺に向かうが、地濃は現れず、空々の提案で一時四国からの脱出を決意し、そのために大鳴門橋に向かう。しかし、その途中でチーム『白夜』の魔法少女スペースに通せんぼをされ、空々の提案と計略でスペースから逃走。この時空々とはぐれ、以後単身での四国脱出を決意。そのために一旦中学校に戻り、手袋のコスチュームとマルチステッキを回収、そこから移動する際に吉野川が逆流しているのを目撃。それを引き起こしたチーム『白夜』の魔法少女シャトルをビーム砲で殺害した。『悲報伝』で、コスチュームを脱ぎ、空々の恋風号を使い、愛媛県へ移動。そこで一般人の生き残りを装い、チーム『オータム』のリーダーである忘野阻に接触。半ば脅迫に近い形で自分をチーム『オータム』に加入させる。その直後襲撃してきたチーム『スプリング』の魔法少女デシメーションを忘野と共に撃破し、チーム『オータム』の拠点に向かい、チーム『オータム』のメンバーと自己紹介を済ませる。その後、チーム『スプリング』への総攻撃とメンバー同士でのコスチューム及びマルチステッキのシャッフルを提案。鋼矢自身も高知県に向かう。チーム『スプリング』の拠点で忘野をかばい、一時落命するも地濃の手により生き返り、空々、地濃と再会し、以後行動を共にする。『悲録伝』において、合流した一行をまとめるため、空々をリーダーに推挙し、自分は副将となって空々を支えることを決意する。同じ思惑を持つ氷上とはそりが合わない。左右左危から頭の回転が速いと感心されており、本来魔法少女にとって必須であるはずのコスチュームを脱ぐ、などと、しばしば行動に現れている。剣藤とは友達で、剣藤と空々が絶対平和リーグに亡命しようとした際には、仲介役を担った。

チーム『オータム』編集

愛媛本部の魔法少女。格式を重んじる伝統派。春秋戦争により全滅。

ロビー
五里恤(ごり・じゅつ) 固有魔法:絶命
カーテンレール
品切しめす(しなぎり・しめす) 固有魔法:反射
カーテンコール
品切ころも(しなぎり・ころも) マルチステッキ:ロングロングアゴー(固有魔法:切断)
ワイヤーストリッパー
竿沢芸来(さおざわ・げいらい) 固有魔法:消滅
クリーンナップ
忘野阻(わすれの・はばみ) 固有魔法:透過  
『オータム』チームリーダー。チームのメンバーのためなら自身の犠牲も厭わない。そのため人望も厚く、メンバーに信頼されている。チーム『スプリング』との春秋戦争の膠着状態に嫌気がさしていたところに現れた杵槻鋼矢を仲間に加え、その直後に襲撃してきたチーム『スプリング』の魔法少女デシメーションを共に撃破。鋼矢をアジトに連れて行く。

チーム『ウインター』編集

徳島本部の魔法少女。ジャイアントインパクトこと地濃鑿以外は死亡。

ジャイアントインパクト
地濃鑿(ちのう・のみ)  マルチステッキ:リビングデッド(固有魔法:不死) 
黒髪シニョンの首が長く華奢な風貌の少女。おどおどした雰囲気を持つ少女。13才。処女。神経を逆なでするような言動やかなり飲み込みが悪く、感情が死んでいるとされる空々の精神を揺さぶることもある。空挺部隊には、苛ついたときの特効薬として、「地濃鑿と会話している時を思い出す」がある程。恩着せがましい性格でチームメイトからは『ありがとうインパクト』と呼ばれ嫌われていた。チーム『サマー』のパンプキンこと杵槻鋼矢と親交があり、鋼矢からとある事柄に関する調査を頼まれており、その成果報告のため焼山寺に向かっていたが、その途中でチーム『白夜』の魔法少女スペースと遭遇。スペースから逃れるためデパートの地下に2日間隠れていた。その後、空々とかんづめの食料を盗んでいたところ捕らえられ、その後行動を共にする。四国ゲームに関しては地球からの新たな攻撃だと思っている。
物語シリーズの混物語にも登場している。

チーム『白夜』編集

黒衣の魔法少女。コードネームを英語にすると、全て『S』から始まる。

スペース
虎杖浜なのか(こじょうはま・なのか) 固有魔法:風
空々達の大鳴門橋からの脱出を阻止する。固有魔法『風』により超高速飛行が可能であり、そのスピードは魔法少女中最速。空々と剣藤が絶対平和リーグに亡命しようとした際に、それを阻止した。
シャトル
国際ハスミ(くにぎわ・はすみ) 固有魔法:水
スペースに頼まれ、空々とかんづめ殺害のため吉野川を逆流させ洪水を起こす。逆流後に背後から鋼矢にビーム砲で撃たれ死亡。
スクラップ
好藤覧(すいとう・らん) マルチステッキ:マンデーモーニングクオーターバック(固有魔法:土)
土佐弁を話す。桂浜で空々達と接触し、空々に春秋戦争を終結させりことを依頼する。独特の美意識を持ち、その美意識にそぐわないものには容赦ない。土の中を移動したり、海底を隆起させて島を作ったり、島を動かしたりすることができる。
スタンバイ
誉田統子(ほんだ・とうこ) 固有魔法:木
悲恋や空々を追い詰めようとするも、偶然「ある事」を聴いてしまい発狂。固有魔法が暴走し、植物に呑まれて死亡。その後に爆発した。
スパート
灯籠木四子(とうろぎ・よんこ) 固有魔法:火 
『白夜』チームリーダー。性格は怠けものでのんびり屋。一級河川を一瞬で蒸発させたり、四国全土から見えるほど巨大な火柱を出現させるほどの力を持つ。

無所属編集

キャメルスピン
血識零余子(ちしき・むかご) 絶対平和リーグ創設時から関連している、最初の魔法少女にして魔人。
四国全体を覆ってその内情を周囲に露呈しないようにするバリアー状のものを張っている。

関係者編集

酸ヶ湯原作(すかゆ・げんさく)
魔法少女製造課課長。飢皿木鰻の後輩で、左右左危とも旧知の間柄。四国ゲームで上層部が壊滅したため、現在の実質的な絶対平和リーグのトップ。チーム『白夜』を監督する立場でもある。

その他編集

飢皿木鰻(きさらぎ・うなぎ)
飢皿木診療所所長。左右左危の元夫。空々を地球撲滅軍に推薦した。花屋が剣藤の命を狙った際には空々にそのことを知らせ、助けに行くよう諭した。空々と剣藤を逃がす手助けをしたあと、花屋によって殺害された。
酒々井かんづめ(しすい・かんづめ)
徳島県に1人生き残っていた少女。6歳。歳不相応の利発さや空を見ただけで天候を予測するなど、優れた先見性を持っている。その正体は人類より以前に地球と戦い、そして敗北した火星の戦士『火星陣』。通称『魔女』。『悲惨伝』で両親は四国ゲームで死に、それ以後冷蔵庫の中身を食べて2週間生き延びていた。空から降ってきた空々と共に行動する。自分を実験台にしていた絶対平和リーグに対しては恨みを持っているが、道中守ってくれた空々に対しては好意的に接する。

既刊一覧編集

  1. 悲鳴伝』2012年4月25日発行 ISBN 978-4-06-182829-2
  2. 『悲痛伝』2013年2月26日発行 ISBN 978-4-06-182855-1
  3. 『悲惨伝』2013年6月26日発行 ISBN 978-4-06-182879-7
  4. 『悲報伝』2013年11月25日発行 ISBN 978-4-06-182888-9
  5. 『悲業伝』2014年7月2日発行 ISBN 978-4-06-299017-2
  6. 『悲録伝』2015年2月26日発行 ISBN 978-4-06-299044-8
  7. 『悲亡伝』2015年11月26日 ISBN 978-4-06-299061-5
  8. 『悲衛伝』2016年12月27日 ISBN 978-4-06-299089-9

参考文献編集

外部リンク編集