伴 和曉(ばん かずあき、1987年8月21日 - )は、山梨県出身のプロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(MF)[1]

伴 和曉 Football pictogram.svg
名前
愛称 ばんばん、バンビーノ
カタカナ バン カズアキ
ラテン文字 BAN Kazuaki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1987-08-21) 1987年8月21日(35歳)
出身地 山梨県甲府市
身長 170cm
体重 64kg
選手情報
ポジション MF
利き足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

3つ上の兄の影響で3歳からサッカーを始め[2]、小学校1年生の時に1994 FIFAワールドカップの影響を受け本格的に取り組むようになった。

高校まで横河武蔵野FC[注 1]でプレー。同期には常盤聡及び阿部拓馬がいた。仙台大学では学内のサッカー部に所属。

2011年に大学を卒業し、中国国費留学生として上海体育学院へ進学[3]。一度は経営者の道を考えるもサッカーに対する想いを断ち切れず、一念発起[4]

大学院を途中退学して単身渡欧し[2]、東欧各国で練習参加[5]。2012年から2013年にはエストニアJKタリナ・カレフ及びポーランドアルコニア・シュチェチンに所属した。

2013年10月、立ち上げ1年で2部リーグ優勝を果たした、カンボジアのトライアジア・プノンペンFC[注 2]へ合流。1部リーグを賭けたプレーオフでは、存在感のあるプレーで1部リーグ昇格へ大きく貢献、木原正和と共にトライアジア・プノンペンの中核的存在として活躍。スピードのあるパスワークや素早い判断力、的確な指示と粘りのあるフィジカルでチームを牽引した[6]。2015年、同リーグ強豪のナガコープFCへ移籍[1]

2016年、英語及び中国語通訳としてFC東京に加入[7]

人物・エピソード編集

  • 大学生時代に、当時の友人らと学生団体Sun Shineを立ち上げた。『あなたの志に火を灯す』を理念に、代表として尽力した[8]。自らも就職活動を行いながら、就活生向けのセミナーを企画・運営しており、東北楽天ゴールデンイーグルスインターンシップをしていた経験もある。現在その団体は、非営利団体ライフワークリンクとなり、後輩に活動が引き継がれている。
  • 中国滞在中は、南京にある村へボランティア活動をしに行ったり[9]、子どもたちにサッカーを広める活動も行っていた。友人と共に、オブリガードサッカースクール蘇州校の前身であるFILLサッカースクールを展開し[5]、コーチとして指導にもあたっていた。訪中する度にスクールへ顔を出しており、子どもたちからは「伴コーチ」として親しまれている[10]

所属クラブ編集

ユース経歴
  • 1994年 - 1997年 関前FC
  • 1998年 - 2006年 横河武蔵野FC[注 1]Jr/Jrユース/ユース
  • 2007年 - 2010年 仙台大学サッカー部
  • 2011年   上海JF (FCゲッツ・ロンタン)
プロ経歴

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b 伴 和暁 Nagaworld F.C. (カンボジア) ASEAN FOOTBALL LINK (2016年1月30日)
  2. ^ a b プロに聞く サッカー選手になるために大切なこと マイナビ (2015年10月26日)
  3. ^ vol.51 2010.08 発行 仙台大学 2014年5月3日
  4. ^ 夢追い人 中国・上海・フットサル・八木健太朗 2014年5月3日
  5. ^ a b TRiPORT 異国の地で始まったプロサッカー選手としての道。カンボジアでプレーする日本人選手の物語 Compathy Magazine (2015年12月12日)
  6. ^ Jap.TriAsiaPhnomPenhFCの投稿(625588250848262) - Facebook TriAsia Phnom Penh FC日本語版 (2014年5月3日)
  7. ^ 【YOUはどうしてJリーグに?】FC東京を離れる豪州代表FWバーンズ、試練の2年間。心で通じた通訳との固い絆 (3/4) フットボールチャンネル (2017年6月30日)
  8. ^ Sun Shineさんの取材に行きました”. 2009年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月3日閲覧。キッカケ
  9. ^ vol.57 2010.08 発行 仙台大学 2014年5月3日
  10. ^ コーチ近況報告 オブリガードサッカースクール蘇州校 2014年5月3日

外部リンク編集