佐久間勝盛(さくまかつもり、寛永元年(1624年) - 正保3年9月29日1646年11月6日))は、江戸時代旗本佐久間氏の一族。佐久間勝年の子。通称は辰千代、源六郎。

寛永9年(1632年)11月19日、将軍徳川家光に拝謁。寛永12年(1635年)、祖父の信濃長沼藩勝之の死去により遺領から5000石の分知を受ける。その陣屋は父勝年の居館があった地(現長野市穂保貞心寺の境内にあたる)で、これを「長沼知行所」といった。なお江戸屋敷愛宕下の長沼藩上屋敷の隣地(港区西新橋1-16)にあった[1]

妻は初め北条美濃守氏信の娘と婚姻したが離縁し、ついで高遠藩主鳥居家の娘を正室とした[2]

正保3年(1646年)9月29日、23歳で没したが嗣子がなく家は断絶した。

戒名は自照院固山道賢。墓所は西久保の青龍寺。二本榎広岳院に一族の子孫が幕末に安置した位牌がある[3]

出典編集

脚注編集

  1. ^ 伊藤愛加「飯山藩・長沼藩佐久間家の江戸藩邸」(『飯綱町の歴史と文化-いいづな歴史ふれあい館紀要』第4号、2016年)p.22-p.26
  2. ^ いいづな歴史ふれあい館(2015年)p.24
  3. ^ いいづな歴史ふれあい館(2015年)p.25

参考文献編集

  • いいづな歴史ふれあい館特別展図録『飯綱の地をひらいた“殿様”‐佐久間兄弟と長沼藩・飯山藩』2015年